セックスが心の老化をストップさせる?

全てのページはこちらサイトマップ

セックスが心の老化をストップさせる?

体の老化と心の老化について、考えたことはありますか?

人は心身共に成長していきます。

もっとも綺麗である20代をこえると、後は老いていくだけ。

体の老化を止めることはできません。

では、心の老化はどうでしょうか?

『女』であること

人にとっての見た目は、第一印象の決め手となるもの。

男女関わらず、最重要視するのは外観でしょう。

いくら心の綺麗な人であっても、汚い容姿を好む人はいないと言えますし、それぞれタイプもあります。

そして、ある程度の美しさを求めるのは、男も女も同様ですね。

ただし年とともに、若い頃のような美を保つことは難しくなってきます。

その上長年生きていると、トキメキも減少し着飾ることの楽しさなど、忘れてしまいがちになります。

もうおばさんだからと言い訳してみたり、メイクやオシャレなどの外見に気を遣うことが疎かになる場合も。

人付き合いや趣味も楽しめなくなったりと、年齢を重ねるにつれて起きる心の老化の始まりです。

さまざまなことを学んで、子どもから大人になり、そしてある程度人生のイロハを学べば、後は学ぶ必要がないと考えてしまいがち。

このままではいけないと思っていても、物事を前向きに考えることができず、結局は何も変わらない毎日を過ごしがち。

体の老化だけではなく、どんどん心の老化が進んでしまっている表れです。

そのように心の老化が進む原因として、異性に対する考え方の変化が大きく関係しています。
  • 「夫や彼氏に抱かれていても、ドキドキしない。」
  • 「若いころと比べセックスの数が減った」
  • 「セックスはしていてもワンパターンでつまらない」

セックスに満足する以前の問題もあり、女性としての恥じらいも減少していきます。



管理人紗江が20代後半の頃、40代半ばほどの知人が数人いました。

その方たちは、「生理の時にエッチすると、すっごく気持ちいいんだよ~。」

「しかも嫌がるところを無理に舐めさせると、顔中血だらけで面白いったら・・・!一回やってみな。」

「緩くなるし、明太子になるけどね~。ガハハハッ~!」

と何とも下品と言うか、とんでもないおばさんたちだなと感じたことを覚えています。

たとえ女同士であっても、男性のことを小馬鹿にしたような発言や、恥じらいもなくそんな会話ができるなんて・・・

驚愕の出来事でした。

きっとその方たちも、若い頃は裸を見られるのも恥ずかしかったでしょう。

もちろん全ての女性がそうとは限りませんが、処女のうちから生理の時に足を広げるなんてできない方が多いでしょう。

それが何でもできるし、自分のセックスの話を人に公表できる。

裸であっても平気で歩き回れるでしょう。

それが老化とは言えば語弊があるかも知れませんが、紛れもなく初々しさがなくなっている証と言えますね。

やはり、心が老いてすさんでしまっているということです。



セックスをすれば老化ストップさせる?

好きなパートナーとのセックスは、さまざまな効果があります。

  • 汗が肌を美しくする
  • 血流向上で若返る
  • ホルモン分泌が整う
  • 体を動かす効果で筋肉の老化も防止する

そしてもっとも重要な【精神的なデトックス効果】です。

しかしただセックスをすれば【精神的な老化】=【心の老化】の防止になるのではありません。

心の老化をストップさせたいからといって、とにかく誰とでもセックスすればいいかといえば、そうではないのです。

セックスは、スポーツ感覚で楽しめる行為でもありますので、肉体的な老化防止には効果があるかも知れません。

しかし大抵の女性は、相手が誰でも良いわけではありませんね。

多くの女性が、心が通い合った相手とのセックスを、望んでいるでしょう。

好きでもない相手ととりあえずセックスしても、気持ちは満たされることがなく、虚しさを感じる場合もあるかと思います。

すると、ますます心の老化が進んでしまうかもしれません。


カラダの相性が良く、テクニックに長けたオトコなら、イクこともできますし気持ちよくなるでしょう。

ですが、そのようなセックスはオススメできません。

なぜならば、心が本当の幸せを感じないままオーガズムに達しても、本当の意味での愛情ホルモンは分泌されません。

さらには虚しいセックスによって、ストレスが溜まっていると、何の効果も得られないのです。

幸せなセックスが心の老化を食い止める

もっとも大切なことは、愛しているパートナーとセックスをすること。

愛あるセックスが、心の老化をストップさせてくれます。

愛している人とセックスすることによって、「オキシトシン」と呼ばれる幸せホルモンが分泌され、体はもちろん心の老化を阻止し、若返りへと導いてくれるのです。

女性は、その場の雰囲気や気持ちでもまったくセックスの感じ方が違いますね。

  • 「好きな人の、肌のぬくもりを感じている」
  • 「好きな相手が、私のあそこを舐めている」
  • 「愛する人のペニスが私の中に入っている」
  • 「求める人が、一糸まとわぬ姿で私と交わっている」
  • 「私が感じさせ、私の中で私が果てさせた」

こういった感情で高揚し、濡れやすくなったり感度が良くなるものなのです。

また、セックスの内容に変化をつけることも大切です。

いくら愛する人とのセックスでも、いつも内容がワンパターンだとどうしてもマンネリ化してしまいますよね。

時には少し変わったシチュエーションでしてみたり、愛撫の仕方を変えるなど、パートナーと一緒に、さらに気持ち良くなれる方法を考えるのも良いでしょう。

パートナーに対する見方を変える

老いと共に口うるさく文句言う夫であったり、付き合いの長い彼氏の場合、不服や不満が溜まっているという方がほとんどでしょう。

  • 口を開けばケンカになる
  • 何をしても腹が立つ
  • 嫌な部分しか目に入らない

こうなってしまっても当然です。

しかしそれを感じているのは、決して自分だけではありません。

不服や不満があるのは、お互いさま。

老けてしまった顔を見て、『この人昔はあんなにカッコよかったのに、今は老いたただのおじさん。思いやりもかけらもないわ!』と思っていると、相手も同じことを考えているでしょう。

ですから、まず自分から少し変わる努力をしてみませんか?

昔のアルバムを見てみるのもよし。「好きだ。」と言われて嬉しかった思い出を思い出してみるのです。

結婚するとき、誰かに言われませんでしたか?

「初心忘るべからず」

さまざまな意味合いのある言葉ですが、慣れ合ってしまった仲でも当てはまる言葉ですね。

「デートしよう。」と誘って、いつもとは違ったことをしてみるのも良いでしょう。
ほんの少しは、新鮮な気持ちがよみがえるかも知れません。

セックスが満たされると世界が変わる

少しでも相手に優しくなれたら、多くの場合相手も変わってきます。

売り言葉に買い言葉で、すぐに口喧嘩になっていたとすれば、ぐっとこらえて「もう今日はやめよう。いっぱい楽しくしたいから。」と笑顔で言ってみて下さい。

  • 「そういえば、昔ケンカしたときね・・・。」
  • 「あの後仲直りして、キスしてくれたのがとても嬉しかった。」
  • 「思い出のあの場所、久しぶりに行ってみない?」

そんな風に若い頃に感じた喜びなどを話しているのに、ケンカに持ち込もうとする男性は、基本的にはいません。

「お互い、老けたね~。」と笑い合えたら、心は伝わりその場の空気感も変わってくるでしょう。

そして「今さら恋人や夫と盛り上がるセックスなんてしない」と決めつけずに、ムードを作って濃厚なセックスをしてみて下さい。

愛するパートナーと良いセックスができれば、心の老化を徐々に改善できるように変化があるでしょう。

そしてパートナーに求められていることは、女性にとって大きな自信に繋がります。

『もっと綺麗になりたい。』とも考えるかも知れません。

心が満たされ、自然と容姿も美しくなり、これまで面倒だったメイクやオシャレにも興味を持てるようになるかも知れません。

自信が取り戻せると、外出も楽しくなり、行動力もアップするでしょう。

たとえ老けていたって綺麗になることはできます。
精神的にも、はつらつとします。

もちろん、ドラマのようにトントン拍子にはいかないかも知れません。

長い目で見て、少しずつ努力していくことが必要ですね。

もう歳だからと決めつけない

パートナーがいない女性であっても、年齢を重なるにつれて、「もう歳だから…」と、出会いを求めることを諦めてしまいがちです。

しかし、老いだけ諦めてしまうのはもったいないことです。

独身であれば、いくつになっても恋愛は自由ですし、恋人を探したり愛するパートナーとの出会いに積極的になるのも良いでしょう。

愛しているパートナーだけではなく、恋することがもっとも重要だと言えます。

恋する心は、女を必ず綺麗にしてくれます。

せっかく女に生まれたのです。

『六十ろくに濡れずとも・・・』いくら老いても、オンナはオンナです。

紗江は、灰になるまで女を忘れたくないと感じています。