お尻のニキビと黒ずみの原因・改善策

全てのページはこちらサイトマップ

オンナの悩みのひとつにお尻のニキビが繰り返しできるという悩みがあります。ニキビというと、顔やデコルテ・背中のニキビが代表的でしょうか。

お尻のニキビの原因はアクネ菌の他、蒸れや刺激によることが多く考えられます。

そしてお尻のニキビは黒ずみの原因にもなってしまいます。

お尻のニキビの原因

お尻のニキビは黒ずみの元?

お尻ニキビの原因その1・・・刺激物や栄養のバランス

お尻ニキビだけに限らず、ニキビができやすい体質・できにくい体質とあります。

顔や背中・デコルテなどに元々できやすい人は、お尻ニキビで悩んでいる人は多く見られます。

  • 糖質
  • 脂質
  • 辛いもの
  • アルコール
これらの過剰摂取・栄養バランスの偏りは、お尻ニキビの原因にもなります。

ビタミンを多く摂り、バランスの良い食生活を心掛けましょう。そして、適度な水分補給も必要です。

お尻ニキビの原因その2・・・蒸れ

きつい刺激や蒸れもお尻ニキビの原因です。

補正下着の強い締め付けを避け、ストッキングやショーツでの蒸れにも気を付けて、下着はなるべく天然素材のもので通気性を良くして下さい。

蒸れは、お尻ニキビが化膿してしまう原因にもなります。汗をかいた後は、シャワーで洗い流す方が良いですが、できない場合はウェットティッシュで皮脂を優しく拭き取る事を心掛けましょう。

お尻ニキビは、清潔を保つことがもっとも大切です。

お尻ニキビの原因その3・・・冷え

冷え性の方の場合は、血液の循環を良くするよう心掛けましょう。冷えなどで血行が悪いと、お尻ニキビができやすくなる原因になります。

  • シャワーだけで済ませずに、湯舟にきちんと浸かる。
  • 軽い運動を心掛ける。
  • 足元やお尻を冷やさない。

これらの事に気をつけて下さい。血行の悪さはその他の美容をはじめ、セックスの際に濡れにくくなってしまう原因にもなります。

お尻ニキビの原因その4・・・椅子での刺激

お尻への硬い刺激は黒ずみの原因になるだけではありません。

座っている間は、体重を支えているお尻に負担がかかっています。長時間刺激されたお尻は角質化し、毛穴がふさがれアクネ菌の温床させてしまいます。

固いもので刺激すると、お尻ニキビが悪化したり、潰れてしまう原因です。お尻ニキビだけでなく、皮膚が硬くなって黒ずみにも変化します。

ニキビができやすい・できてしまった場合、座る場所は柔らかいクッションなどを敷くようにしましょう。

お尻ニキビの原因その5・・・ナイロンタオルの刺激

身体やお尻をナイロンタオルでゴシゴシ洗う刺激により、お尻ニキビができやすくなったり悪化する原因になります。

上の椅子での刺激と同様、刺激がきつすぎて肌が角質化してしまうからです。

本来身体は手で洗うだけでも綺麗になるので、優しい素材のボディタオルで充分汚れは取れます。手で撫でるだけでもOKです。

お尻ニキビの原因その6・・・石鹸の洗い残し

ボディソープで身体を洗ったら、残らず綺麗に洗い流して下さい。

よくありがちなのは身体を洗った後に、トリートメントやコンディショナーをし、洗い流してそのままというパターンです。

残ったトリートメントが、お尻だけではなくデコルテや背中ニキビの原因にもなっています。

背中やお尻がヌルヌルした状態で、上がってしまってはいけません。身体は一番最後に洗うか、トリートメントした後はお尻も再度綺麗に洗い流しましょう。

お尻のニキビは黒ずみの元?

もちろんお尻のニキビも黒ずみの元になります。

顔にできたニキビを潰すと色素沈着し、跡が残ってしまいますね。お尻のニキビも潰してしまいたくなってしまいますが、決して潰さないようにして下さい。

ブツブツしてて気持ち悪いと思っても、ニキビの芯を無理矢理出してしまうと、跡が残りお尻が汚くなってしまいます。


黒ずみ・ニオイ対策はこちら
黒ずみ対策