セックスの後ティッシュで拭く?拭いてもらう?

性生活に必需品のティッシュ

セックスの後ティッシュで拭く?拭いてもらう?
セックスが終わった後、コンドームをつけていても必ずティッシュは必要です。

ペニスは精液まみれになっているでしょうし、ゴムをはずす際にもティッシュを使いますよね。

仮にすぐにシャワーへ行くとしても、後でペニスからじわっと漏れ出してくる精液がポタリと落ちてくる可能性もありますので、ティッシュは性生活には必需品です。

ティッシュで自分で拭く?拭いてもらう?

避妊をしないSEXは、妊娠リスクが伴うので、可能性があって困る場合は絶対にしてはいけませんが、妊娠を望んでいる場合やそれでもOKな場合は、中出しや外出しをする場合がありますね。

そんな時は、ティッシュで拭く際自分で拭きますか?パートナーに拭いてもらいますか?

お腹へ外出しした時

もしデキちゃってもいいけど、今はまだ・・・という場合は、生でSEXをしても外出しをする人が多いでしょう。

外出しというと、まず一番周囲にこぼすことなく出せるのが女性のお腹の上ですよね。すぐにシャワーへ行くにしても、ティッシュで拭かなければ立ち上がる事はできません。

  • そんな時、お腹の上の精液を自分で拭くでしょうか?
  • パートナーが拭いてくれるでしょうか?

お腹へ外出しした場合は、必ず男性が拭いてくれるのが当然だと管理人紗江は思います。

男性とSEXするとは言っても、ワンナイトの関係や恋人・ご夫婦など色々なパターンがあると思いますが、ティッシュで拭かずに無視する相手は、まずNGです。

個人の見解ですが、終わった後そういう気配りと言いますか、当たり前の事をできないようなオトコはすぐにやめましょう。


中出しした時

中出しした時は、必ず膣にティッシュをあてがった後に拭かないと、精液が後から漏れ出してくるのでティッシュで拭くのは当然ですが、自分で拭くか拭いてもらうか あなたはどちらでしょうか?

拭いてもらうのは嫌だと言う女性も多く見受けられますが、

自分だけティッシュを取ってペニスを拭いてそのまま無視というオトコは、上記同様あまりにも思いやりに欠けているオトコです。

ただし、相手があまり女性経験がなくわからない場合や、オンナの性器を拭かなくてはいけないという事を知らない男性もいますので、その場合は仕方ありませんね。

拭く必要があるかどうかをわかっていない相手には「ねぇティッシュ取って~。オンナも拭かなきゃヌルヌルなんだよ。」と優しく教えてあげて下さいね。


ティッシュで拭く派?拭いてもらいたい派?

  • 拭いてもらうのは恥ずかしいから自分で拭きたい。
  • ちゃんと拭いてくれなきゃ愛を感じられない。
  • 恥ずかしいけど、やっぱり拭いてほしい。

女性によって色々と考え方があると思いますが、その後二人でまったりする時間があるのなら、ティッシュで膣をあてがってゴロリと余韻を楽しむだけでいいですが、必ずティッシュは取ってくれるのがオトコの役目ですね。

先ほども言いましたが、自分だけティッシュを取って、渡してくれないなんてとんでもありません!


ティッシュで拭くのを知らなかった男性へ

今までティッシュで拭く必要がある事を知らなかった男性や、拭いてあげたことなかったという人は、これからは必ず実行です。オンナだって愛液であそこがヌルヌルベタベタ状態なんです。

でも、もしも拭こうとして女性が恥ずかしがったら、ティッシュを5.6枚渡してあげて、「これで足りる?大丈夫?」と声をかけてあげて下さいね。

そういった小さな優しさがオンナはとっても嬉しいものなんです。


自分で拭きたい派

ちなみに紗江は、どちらかと言うと自分で拭きたい派です。人に拭いてもらっても何だかすっきりしない気がします。

今は、どれだけ急いでいても暫くの間はティッシュをあてがって、お互いに汗がひくまでベッドで横になっていることしかありませんので、彼がまず紗江にティッシュを取って渡してくれますが、昔から自分で拭きたい派でした。

何故かと言うと、そういったところでその人の本当の性格が出ると思いますが、慣れていたり女性器をわかっていて几帳面な人は丁寧に少し奥の方まで綺麗に拭き取ってくれますが、ずぼらな人だと表面だけささっと拭くだけでヌルヌルが残って全然拭けていない状態になる場合があるからです。

お腹の上に外出しした時も、几帳面な人はぬぐいとるような拭き方をしてくれますが、まるで精液をお腹に塗り広げているかのようなガサツな拭き方をする人もいました。

綺麗に拭き取ってくれるパートナーだとしても、「恥ずかしくて嫌だから自分で拭きたい」という方は、そのまま言葉で伝えて下さい。

恥ずかしいから見ないでね。と後ろを向いて拭けば大丈夫です。

あまりに大股で拭くのはいただけませんが、内股気味だったり、寝転んでいても背を向けて恥ずかしそうにティッシュであそこを拭いている姿を見れば、パートナーは「可愛い。」と感じてくれるでしょう。