男が脱がせたくなる洋服ってどんな?

全てのページはこちらサイトマップ

スカート、パンツ、ワンピース、ドレス。常日頃から見た目に気を遣う女性は、色々な服を身にまといます。女は服を着て魅力を上げて自信をつけます。


女性の魅力を上げる必須アイテムの洋服。魅力を上げるなら、好きな男性に見せたいし、そんな相手になら脱がしてもらいたくなりますね。


そして個人差はありますが、男が脱がせたいと感じる服装があります。


いったい、男性はどんな洋服を脱がしたいと思うのでしょうか?

男が脱がせたくなる洋服【堅いイメージの洋服】

男が脱がせたくなる洋服ってどんな?

多くの女性が『露出した洋服の方が男に好まれるだろう。脱がせたくなるだろう。』という勘違いをしています。


実は男がもっとも脱がせたいと思うのは、明らかに肌を露出した洋服ではありません。

  • 見えそうで見えない洋服
  • しっかりとガードされている堅いイメージの洋服

こんな洋服が、もっとも男が脱がせたいと考えています。


なぜ、堅いイメージの制服に男が萌えるのか?堅い職業に就いている女性が、どんなカラダをしているのか?いったいどんな風に悶えるのか?そういったことを想像してしまうからですね。


さらに、着物や浴衣に萌えるのはなぜでしょう。カラダのラインが隠れてしまっているのにもかかわらず、女の色気を感じます。


肌がほぼ見えていないからこそ、引き立つうなじ。まさに、男のロマンです。


男は明らかに見えているような洋服には、かえってゲンナリしてしまう場合もあるのです。

よくわからないものを、剥いでいく楽しみ…それがあるから脱がせたいと思うのです。

色気を出すために、わざわざ胸元の空いた服を着ても、男心をくすぐることはできません。もちろん欲情するのは間違いありませんが、あえて脱がさなくてももうどんなカラダか想像はついています。

  • 白い清楚なブラウスで、少しだけ覗く肌。またカッチリと止められたボタン。
  • 極端なミニスカートよりもしなやかなロングスカート

男性に脱がせたいと思うのなら、露出度の低い洋服を着るようにしましょう。

男が脱がせたくなる洋服【頼りない服】

男性にとって、頼りない洋服は女性らしさを感じ、脱がせたくなる洋服だと言えるでしょう。


頼りない服とはどんな服か?

  • テロンとしたワンピース
  • ゆったりしていて、何気に動いた時にカラダのラインがかすかにわかるもの

定番ですが、ワンピースは男性の脱がせたい気持ちを刺激します。


紐やホルターネックのワンピースは、それを解くだけで一瞬で求めていたものを目の当たりにでき、外すまでのワクワクはマックスになるでしょう。その1つを取ってしまえば、丈が短かろうが長かろうが下着姿になります。


この紐を解いたらどうなるだろう、どんな反応をするのだろう、脱がせくなると同時にそんな気持ちを抱かせます。そして、するりと脱がせる快感を感じることができるのです。


一方正反対ですが、小さなボタンがいくつもついているシャツワンピースなども良いでしょう。


ワクワクしながらも、ボタンをおぼつかない手で一つ一つ開けて行かなければならないもどかしさを感じながらも、刻々と近づいてくる目の保養を楽しむことができます。


シャツワンピースにミニスカートやショートパンツを合わせると、下半身何も身に付けてないように見えたりして、これもまた男の好奇心を刺激します。

また、動くと胸の形がかすかに見える素材の薄いゆったりめの洋服も、脱がせたくなる洋服です。


ゆったりとしているため、見た目的にはカラダのラインはわかりません。


ですが、サッと動いたとき胸の先のラインが写ったり、テロンとしたスカートから太ももの形が見えると、男はそそられ思わず脱がせたくなるのです。

男が脱がせたくなる洋服【ボディラインが強調された洋服】

堅いイメージがもっとも脱がせたくなるとは申しました。


しかし、ボディーライン・特に女性の象徴である胸やお尻の膨らみを強調した服も、男が脱がせたいという気持ちを擽ります。

  • タイトなスカート
  • 脚やお尻にピッタリフィットするパンツ
  • ウエストの括れを強調したトップス

これらのポイントを満たしていれば、露出度は関係ありません。


一体今日はどんな下着を着けているのだろう、パンツやスカートに隠れたお尻をめちゃくちゃに触りたい、トップスの下に隠れた胸を揉みしだきたい。


堅い服装同様、肌が見えないからこそ、男の脱がせたい欲求を高めては官能的な想像を膨らませます。

どんな洋服でも男は脱がせたい

どこまで言っても、男はセックスしたい生き物です。『脱がせたい。』男は女の服を見てそう思ってはセックスに持ち込めるかを考えています。


最終的に好みのタイプなら、どんな服を着ていても脱がせたくなるのです。


脱がせたくなる服かどうかは、個人の好みによって全く違うものです。誰もに共通するものはないと言えるでしょう。

ですが、洋服やイメージで簡単にヤレそうな女だと判断されて、軽いオトコが寄ってきてしまうかどうかは、全てオンナにかかっています。すぐにヤらせてしまうと男はすぐに飽きます。

自分の価値を下げるかどうかは、自分次第。いい男を捕まえたいなら、露出はなるべく控えた方がいいと言えますね。
 

男が脱がせたくない洋服【拘りのある洋服】

一方、男が脱がせたくない洋服もあります。


女性の服はバラエティーに富んでいます。

  • ラメ、スパンコール、ビジューのようにキラキラした服
  • 触るのが勿体ないくらいフワフワにあしらわれたフリルの服
  • 清楚な印象を与えるレースがあしらわれた服

しかし、これらのように細部への拘りが強い服は、男性が脱がせたいと思う洋服とは言えません。なぜなら、大変気を遣ってしまうからです。


キラキラした物や珍しい物が好きな方は、着ていて気分が上がりますね。しかしこれらの服、欠点が幾つかあります。


着づらい、脱ぎづらい、洗濯しづらい。


要するに、何をするにも扱いが難しい洋服ですね。脱ぎ着する時にレースが破れたり、キラキラが取れたらどうしようとか。洗濯なんかは、無条件で手洗いになりますね。


女性でも扱い難い服が、男性の手に余らないとは思えません。

  • レース破いたらどうしよう
  • キラキラ取れたらどうしよう
  • フリルが崩れたらどうしよう。

そう考えたら隙がなくて、触りたいとも脱がしたいとも思えないですね。


男性は細部をあまり見ていませんので、デートに拘りのある洋服を着ていくのはできるだけ避けましょう。


付き合っている彼とデートした時、こんな経験はないでしょうか?


髪を切ってヘアスタイルを変えたのに気付いてくれない。新しい服やアクセサリーを着けてきたのに気付いてくれない。大好きな彼の為にオシャレしたのに、当の本人は気付いてくれないみたいな…。


男はセックスしたいと常に考える単純な生き物ですが、論理的な生き物でもあります。つまり、結論目的が達成できるなら、その過程などはどちらでもいいわけです。あったら良いかな程度です。


セックスする時、色などあからさまな違いがない限り、ランジェリーが上下違ってもバレません。


今日は可愛いらしい服装をしている、今日は露出が多くてセクシーな格好をしている。それらに加えて、今日は脱がせやすそうだ、脱がせたいな。それくらいしか、男性の視界には入ってないでしょう。


しかし、それでも怒らないで下さい。


『どんな女性よりも可愛い彼女と一緒に居られる、最高のセックスができる。』それらが男の最終的な目的であり結論。

鈍感さは愛情の裏返しかもしれません。