乳首でだってイケちゃうんです

乳首でイクってそんなの本当なの?

乳首でイクためには

これは多分体験した人にしかわからない現象。
このページでは紗江の乳首でイったリアル体験だけを元にお話させていただきますね。

昔から嘘か誠か、乳首でイクなんて密かに言われていますが、紗江はそれを聞いて「男のただの妄想」としてしか考えていませんでした。



だって乳首でイクっていったい何なの?

って思いませんか?
そんなの到底信じられませんよ。
紗江は元々、乳首にちょこっと触れられただけでも、全身に快感が走るくらいの敏感体質。


そんな自分でも信じられないことがあるわけがないって思っていました。


乳首でイク物語

「乳首でイク物語」はじまりはじまり~

紗江が初めて乳首でイク事ができたのは、中イキ・ポルチオイキを教えてくれた人です。

その人とは、知らない間に、紗江の野獣の部分を見せる事ができるくらいの存在になっており、それまでクリでしかイけなかった紗江に中イキ・ポルチオイキを体験させてくれました。

SEXは日頃 理性という名のバリアーで包まれた自分を解放して初めて、最高のオーガズムを味わえるものです。素の動物になるんですね。
理性で自分を隠すという事は、ストッパーをかけているのと同じことなんです。


その上で、いつもはかまととぶっていた紗江が(かまととぶっていたつもりはありませんが、わかりやすいようにあえてそういう表現をしますね)
何も隠さずにSEXできた初めての相手が、本当のエクスタシーそしてオーガズムを紗江のカラダに教えてくれたんですね。

ストッパーを外したとたん、今まで知らなかった世界が見えてきたんです。


乳首でイクまでの道のり

その後からは、もうSEXにのめり込みました。

もう何度もイかされて「もう当分しなくてもいい」というくらいになっても、10分もたてば、彼との快感をカラダが求めて「またしたい・・・」ってなっちゃって、教えた彼もいい迷惑です。

元々紗江は、実を言うとSEXってそこまで好きではなかったんです。
まぁ気持ちはいいけど、なくても平気みたいな。

それが今では、寝ても覚めてもエッチ大好き!こんなになってしまったのですが、それも本当のオーガズムを知ったおかげなんですね。
それだけSEXは奥が深いということなんです。



そして、彼と何度も朝を迎える日が続き、紗江がまだ寝ていても、朝目覚めにまず乳首におはようのご挨拶。

その気持ちよさに目覚め、快感に浸るのですが、時間がない時なんて当然SEXはできません。

そのままお預けなんですね。
それがかなりの間続きました。


もちろん、その夜だとか次の日だとか全くSEXしていなかったわけではありませんが、


一定の時間 乳首へ対する刺激だけでことを終える回数が増えていったんです。

そうなると、今思えば、乳首を触ってもらう朝はそれ以上のオーガズムを感じることができないってカラダが覚えるんでしょうね。

なので、乳首への刺激で「もっと気持ちよくなりたい」「もっともっと」と意識がその事だけに向いていたような気がします。



そして、とうとう・・・




乳首でイった時の感覚


乳首でイク瞬間

言葉で表現すれば、カラダの中心から何かがこみ上げて、一気に内側で爆発するという感じでしょうか。
イった瞬間声は出ません。出ないというか息ができないんですね。

元々紗江はクリイキの時も中イキの時も、声は出ても振り絞るような声しか出ないのですが、イッた後に我慢できずに吠えてしまうという感じです。

乳首でイった後は、もう天にも昇る気持ち良さ。



「イッたの?」と聞かれて、それが何なのかわからない状態で、それからも少しの間わかりませんでした。

だって、乳首でイクなんてありえないと思っていたわけですから・・・。でも、何度も何度も繰り返しそんな現象になって、これが乳首でイクってことなんだ。と理解できました。


乳首でイける触り方

乳首でイク時も、普通にクリでイク時などと同じで、腰も動くし膣辺りに力も入ります。

乳首だからって何も違いはありません。でも求めるのはその場所ではないんですね。子宮が疼いてペニスを求めるのと同じように、乳首が彼の指を求めてるんです。
ひょっとすると、クリイキ中イキに匹敵するくらいの快感かも知れません。


いつものスタイルは、

  • 彼が後ろから両方の乳首を触り
  • 紗江は後ろにいる彼の首に手を回ししがみつきます。
  • もう片方の手も上に上げたまま

初めは、コリコリと軽く捻ったり摘まみながら指で擦ることでしかその快感は得られませんでしたが、今ではどんな触り方でも、違う体勢でも、お口ででもイケるようになりました。


服の上から乳首を優しくカリカリって引っ掻くだけでもイっちゃいます。

イキそうだけど、集中できないだとか、こみ上げてくる何かがヒューっと萎んで我に返ってしまい、イキたいのにイケないというやり切れない時は、耳を舐めてもらいます。すると、すぐにイけちゃいます。

乳首でイクためのレッスン

紗江の経験では、乳首でイクためにはちょっとした試練が必要なのかなと思います。

試練と言うと大袈裟ですが、

乳首だけしか感じさせない状態をカラダに覚えこませるといいんじゃないかって思います。

もちろん自由にSEXしても構いません。
ただ、乳首を触るだけ触ってはい終わり!みたいな時間を何度も何度も持つことで、カラダに乳首だけでもっと気持ちよくなりたいと思わせるんですね。

そのままSEXしてイってしまいたいのに、それが無理となると、体は何とかしてオーガズムを迎えようとするのではないかというのが、紗江の経験上の意見です。



パートナーと、相談して実践して見るのもいいですね。


でも、その後の行為を我慢するのは彼もアナタも辛いと思いますので、その後本当に時間が取れないという時に、試して見て下さいね。
そして逆に彼にも、乳首イキレッスンを施すのもいいかも知れません。


乳首イキして、今以上気持ちよく幸せなセックスライフを楽しみましょう!


乳首でイけたら、もと高度なポルチオでイクことを見てみましょう。

合わせてご覧下さい。