あそこや乳首が黒いのは生まれつき?

全てのページはこちらサイトマップ

色の白いは七難隠すというように、美白は女性を美しく見せます。

美白を目指し、多くの女性が美容液を塗ったりパックをするなどスキンケアに励みます。

あそこの美白のヘアはどうすれば良いのでしょう。誰もがあそこの色や乳首の色に悩んではいるけど、人には言えない悩みです。

あそこや乳首が黒いのは生まれつき?

あそこや乳首が黒いのは生まれつき?
お肌の色と同じように陰部も乳首の色も、人によって様々です。

あそこや乳首を含め肌の色を決めているのは。皮膚の表皮にあるメラノサイトという色素細胞です。このメラノサイトがメラニンという色素を作って、周辺の角化細胞に分け与えることで皮膚の色が決まります。

乳首の黒ずみの原因は、あそこの黒ずみの原因とほぼ同じで、基本的には生まれつきのメラニン色素の量で決まります。

皮膚の色は、メラノサイトという色素細胞が関係しています。乳首の色は女性のあそこの色と同様、遺伝的な要素や体質がかなりを占めておりどうすることもできません。

乳首の黒ずみの原因?

出典:all-nationz.com

このような違いのように、メラニンの活動が活発だとあそこや乳首の黒ずみが多いという事になりますね。

そして、そのメラニンの色素の量は遺伝的要素がかなり強いと言えます。

メラニン活性は、肌の黒い黒人が最も高く、白人は低く、黄色人種である日本人はその中間という感じになります。

色黒や色白と言うように、あそこや乳首の色もそれと全く同じで、言えば「生まれつき」という事になりますね。

元々色黒の人は、メラニンを作り出すメラノサイトが敏感で、肌がすぐに黒くなってしまいます。

色白の人は、日焼けしても赤くなって黒くはならない人が多いですね。あそこや乳首も肌の色と同様で、ある程度「個性」とも言えます。

ですが乳首やあそこの黒さは、生まれつきや個性なんて言葉では表したくはないものです。

年齢によるターンオーバーが遅くなって黒ずむ

肌は日々新しい表皮が生まれ、古い表皮が剥がれて生まれ変わります。肌のターンオーバーと呼ばれるものです。

スキンケアでよく言われる「ターンオーバー」=「お肌の生まれ変わるサイクル」は、顔だけではなく、カラダの全ての部分で起きています。あそこも同じで、そのターンオーバーのサイクルの速度は、年とともに遅くなってきます。

古いメラニンを皮膚に溜め込んでしまい、色素沈着によって乳首やあそこが黒ずんでしまう原因に。年を重ねるにつれて、あそこも黒ずんでしまうのは、自然なこと。

またそのターンオーバーが早すぎても、皮膚が完全な状態ではないのに剥がれてしまうと、過敏になりトラブルの原因となります。

どちらにしても

  • 皮膚のカサカサや毛穴の目立ち
  • 毛穴の黒ずみや角栓
  • 湿疹などの皮膚のトラブル
このようなトラブルは、特にビキニラインに多いですね。

クンニをしてもらう時は特に、間近であそこを見られてしまいますが、黒ずんだビキニラインやあそこは見られたくないものです。

「黒いね・・・」なんて傷つくような事をさらっと言う男性は、デリカシーがなさすぎます。

でも、パートナーは本当に好きな相手のあそこの大きさがどうとか、あそこがもし黒ずんでいたって、決してそれを指摘する事はありません。
どんな部分でも、愛おしく思ってくれるもの。

欠点だと思う必要はありません。それも全てひっくるめて愛してくれる男性がきっと現れるでしょう。

ただ少しでも改善できるのなら、自分のためにもパートナーのためにも、努力をしてみてはいかがですか?



黒ずみ・ニオイ対策はこちら
黒ずみ対策