陰部の痒みと黒ずみ

全てのページはこちらサイトマップ

陰部が痒くなった事は、きっと全ての女性は経験済みでしょう。陰部が痒いなんてセックスの悩みと同様、人にはなかなか相談できないもの。

陰部の痒みと黒ずみ

陰部の痒みの原因は

痒みの多くの原因は、多くの場合以下の2つが原因です。

  • 陰部が蒸れること
  • 陰部への何らかの刺激

下着やストッキング・タイツで締め付けると、刺激と蒸れのダブルの原因が発生し、それによって痒みを伴います。

生理中の痒み

ストッキングを穿くとデリケートゾーンが蒸れますが、特に生理中はナフキンで余計に蒸れやすくなりますね。

生理用のナフキンはどんどん進化し吸水性にも優れているため、外側は綺麗な状態であるように感じ、長時間ナフキンを変えずにいてしまうケースがあります。

でも実際には多くの量の経血が染み込んでいるため、通気性が悪くなって蒸れる原因になってしまいます。その上雑菌が繁殖し、痒みの直接的原因になります。

生理中は免疫も下がり、膣内も子宮も非常にデリケートな状態になっていますので、菌に感染しやすい状態になっています。生理中は経血での汚れや痒みが出るため、トイレへ行く度にキレイにしたくなるでしょう。

現在はウォシュレットという大変便利なものがありますが、紗江は生理中はほとんどウォシュレットは使用しません。

生理中にウォシュレットは危険

実はウォシュレットの隠れているノズルには、細菌が沢山繁殖している可能性があり、膣や尿道に細菌を侵入させてしまう事にも成りかねません。それが原因で膀胱炎になってしまうこともあります。

痒みの起きやすい生理中には、こまめにウェットシートなどで綺麗に拭きとる事をおすすめします。


リフレッシュシャワー・ウェットシートリフレッシュシャワー・ウェットシート 180円

デオドラント効果のあるアンダー専用のウェットシートです。
100%天然素材の3層メッシュシートは丈夫で柔らかな肌触り。


ストレスでの痒み

人はストレスが溜まると、代謝も低下する上、自律神経が正常に機能しなくなったりしてしまい、抵抗力も低下します。

そして、普段刺激が加わりやすく蒸れやすい陰部が肌荒れを起こしたり痒くなってしまう事に・・・。

ホルモンバランスが崩れてしまう事にも大きく関わっているストレスを溜めないようにする事も大切です。ホルモンバランスが崩れると陰部が乾燥する原因にもなります。

陰部が痒くなっても全く平気で、搔かないままでいられるという人は問題ありませんが、痒みを我慢するのは至難の業です。

ティッシュでゴシゴシするだけでも、それが繰り返し行われることで、色素沈着が起き、結果的に陰部が黒ずんでしまう事になってしまいます。

感染症が原因の陰部の痒み

陰部の痒みは、刺激や蒸れだけでなく、感染症にも起こります。

カンジダ菌は、元々誰の身体の中にも常在している菌で、過度なストレスや風邪などで身体の抵抗力が落ちた時に簡単にカンジダ膣炎になってしまいます。

おりものがカッテージチーズのようにポロポロした状態になったら、カンジダを疑って下さい。

カンジダになると痒みを伴うケースも多いので、軽く掻く事を繰り返すと黒ずみの原因にもなりますので、陰部は常に清潔にし治療を行う事が必要です。

その他、多くの性感染症も痒みを伴います。あまりにも陰部の痒みが酷い時には、すぐに婦人科やレディースクリニックで受診して下さい。

黒ずみ・ニオイ対策はこちら
黒ずみ対策