クリを直接触らなくてもイケるって本当?

全てのページはこちらサイトマップ

クリトリスを触ってイキたい?

クリを直接触らなくてもイケるって本当?

基本的に男女問わず、【イクためにはクリトリスを直接触る必要がある】と思い込んでいるでしょう。

ですが、以下でご説明しているように、実は直接クリトリスに触れずともクリイキすることができます。

クリでオナニーする際には、必ず大陰唇をよけ直接の状態でするかと思います。

でも、その場合クリが直接刺激されることになり、痛みを感じたり・刺激が強すぎると感じる方もいらっしゃいますね。

ここでは、大陰唇で覆われた状態・直接触らずに行うオナニーについてお話していきます。

クリを直接触らないオナニー

直接クリに触れないオナニーのやり方はいたって簡単です。

足は開かず下半身を覆う

  • 下着を穿いたまま・洋服は着たまま、クリトリスには直接触れません。
  • 土手から膣あたりまで、手全体で覆い包むように当てます。

優しく軽く自分の気持ちいいように、指だけをうねらせるような動きをしたり、軽くもみこむような動きをします。

初めは、あまり気持ち良くはないかも知れません。

目を閉じ好きな人を思い浮かべる

  1. 憧れの人の瞳
  2. 意中の相手の肌や指
  3. 好きな人の唇や吐息
  4. 好きな人の温もり・匂い

好きな人だけに集中し・好きな人に触られていることを思い浮かべます。

ここで、他に少しでも雑念があれば気持ちよくはなってきません。

気持ちいい動きに徹する



手で覆ったまま触れた手は離さず、軽い刺激で指を曲げたり・横に動かしたりします。とにかく、自分が気持ちいいように動かし続けて下さい。


決してクリに直接触れようとはしないで下さい。


疲れてきたら、肘を軸にして揺らしていきます。


そうして、小刻みに土手全体を揺らしてしきます。


そうすると、徐々に気持ち良くなっていくでしょう。大陰唇に覆われた直接でない状態でも、クリに快感が伝わっていくのがわかるはずです。


その震動で物足りない人はそのまま、衣服の上で指を滑らせます。軽くゴシゴシするかんじと言えばわかるでしょうか?


あくまでもタッチは軽く、クリだけを直接意識するのではなく。土手を行き来するかんじです。

ジーンズの場合・薄いパジャマの場合・ショーツだけの場合、穿いているものによって、きつさを加減して下さいね。


その間もずっと好きな人のことを想像してください。

ちょっと間抜けですし変態チックではありますが、管理人紗江は彼のニオイのついたシャツを顔に被せて匂いに集中しています。


感度が上がってきたら


続けていると、クリを直接触らずともどんどん感度が上がってくるかと思います。


それと同時に、思うまま声を出して下さい。

ただし、一般的なAVのような声を出すことを意識してはいけません。

自分が普通に気持ちいい時に出る声であり、何も可愛い声を意識する必要はありません。

誰もいないのですから、余分な事は考えないようにして下さい。


何かが込み上げてきたら、もうイクのは目の前でしょう。


腕が疲れてきても、ひたすら好きな人のことに集中し続けることで、いくことができるかも知れません。

パートナーに衣服の上からクリイキさせてもらおう

このやり方はオナニーだけではなく、パートナーにしてもらっても同じです。


紗江は、よく車の中で彼に触ってとおねだりをしています。


危険と言えば危険なのですが、運転中の彼の手を持ち自分の下半身にひっぱります。


すると、彼は運転しながら紗江の土手を覆って揺らすように刺激してくれます。


パンツスタイルでも、ジーンズをはいていても関係ありません。決してクリに直接触れてはいませんが、もうそれだけでイっていまうのです。

ただし、左ハンドルの場合や利き手が左というパートナーなら問題はありませんが、左手でイクまで同じ動きを続けるのは、少し難しいかも知れません。

そんな時は、停車して右手で行ってもらう必要があるかも知れません。


そして、紗江はその後我慢できなくなって、ホテルへ行きたいとまたおねだり。そして、それが朝職場に送ってもらっている時は必ず遅刻・・・。

どうしようもない性の愚かさを感じながらも、好きな人に抱かれる喜びだけを欲するただの動物ですね。


今まで生きてきて、こんな風になってしまったのははじめてでした。


先にも後にも、もう二度とこんな相手は現れないんだろうなと感じています。


足を閉じた状態で直接クリに触れずとも、クリイキすることはできます。是非お試し下さい。