イク時の声の違い【イク】?【くる】?

全てのページはこちらサイトマップ

「イク!イっちゃう〜!」日本では、セックスで快楽が最高潮に達してオーガズムを迎えると、思わずそう叫んでしまいますね。

しかし外国のアダルトビデオを目にすると、「イク」ではなく「come」「coming」と叫んでいる事が多いように思います。

イクは「go」、「come」って「くる」?「きて」?

同じオーガズムでも「イク」と「くる」と、どうして表現が違ってくるのでしょうか?

イク時の声の違い

イク時の声の違い【イク】?【くる】?

今回、約20ヵ国のイク時の声の違いを調べてみました。

その結果、「くる」、「イク」、2つのタイプに分かれました。

  • 「くる」と表現するのは、アメリカ諸国やヨーロッパに多い
  • 「イク」という表現はアジア諸国に多い

ちなみに、オーガズムを迎える時に「イク」と表現したのは約20ヵ国あるうち、日本を含めてわずか数ヵ国だけ!その他は「くる」と表現している国が多かったのです。絶頂を「イク」と表現する国は、どうやら少ないようですね。

「イク」と「くる」で表現に違いが出る一番の要因は、性やセックスに対する考え方の違いだと考えられます。

「いく」と「くる」言い方が違うワケ

日常生活でどこかへ出向く時、「行く」とはどのように使うでしょうか?自らの足で出向く時は「行く」を使いますね。

しかし日本でオーガズムを迎えると表す時、小説のように文学的に表現すると「快楽の高みに昇る」と表現されているのをよく目にするかと思います。

  1. 快楽の高みに昇る
  2. 絶頂へ向かって突き進む
  3. オーガズムへ行く
  4. イク

こう考えれば「イク」という言い方には、間違いはありません。

しかし、消極的だと言われる日本人の女が「イク」と言い、自由奔放なイメージを持つ外人が「くる」と言う?

「イク」と「くる」が真逆になっているような…?ちょっと違和感を感じませんか?

「イク」=オーガズムに対する躊躇


実は「イク」と発するのはある意味、性に対して躊躇する表れだと言えます。

『自分から「イク」と行っているのに、躊躇?』矛盾していると思うでしょうか。順を追ってご説明します。

まず、付き合い始めのカップルがいたとします。お互いに性を意識し、キスしたりセックスしたり、その後起こるであろうできごとに胸弾ませますね。

それなのに日本人女性は、それを隠します。なぜ隠すのか?性を受け入れることが恥ずかしいからですね。男は「キスしたい・セックスしたい」と言えますが、女からそんな言葉を発しようものなら『淫らな女』とされてしまいます。

心から期待していながら、男が行動を起こすのを待っている状態。男は能動、女は受動側として考えています。おそらく生まれ持ったもの、または小さな頃から「性ははしたない」と教えられてきたからこその日本人の感覚なのでしょう。

クンニしてほしくても「舐めて」とは言えない。常に「待つ側」「受ける側」に徹します。基本的に、セックス中体位を変えるのもほぼ男性ですね。

「受ける側」なのに、「イク」って矛盾していますね。それこそが、受けることを躊躇しているという表れです。

相反するように感じるでしょうが、受け身になるのは「失礼だ」という日本人の遠慮する性質が含まれているのです。

ですからはしたないことではあるけれど、【遠慮しながらも、自分から控えめに能動的になる】すなわち「イク」と言います。

「くる」=オーガズムに対して積極的

ヨーロッパ諸国やアメリカ諸国など多くの国が、絶頂を迎える時は「くる」と言います。日常生活で、「くる」は出向かれると言った受け身の意味で使いますね。

「くる」=「待っている」状態ですから『そちらの方が消極的なのでは?』と感じるでしょう。アメリカ映画などでは、外人の女性の方から服を脱ぎ誘っていくシーンなども多く、お国柄なのかなと感じることもありますね。

管理人紗江は、クリステン・スチュワート、ロバート・パティンソン主演の『トワイライト』を、何度見ても飽きないほど大好きで全巻持っています。キュンキュンしたい方に、大変おすすめです。

『トワイライト〜初恋〜』からはじまって、『トワイライト・サーガ/ブレイキング・ドーン Part2』で完結の5作の映画で、バージンである人間の女の子のベラと、バンパイアのエドワードの恋の物語です。

バンパイアのセックスは人間を殺してしまうおそれもあり、エドワードはベラを求めてはいるものの、我慢します。ですがある日欲望にたまりかねキスをするのですが、止めようとしているエドワードに反して、ベラはエドワードを引き寄せセックスへ持ちこうもうとします。

そして「ヤバい」と感じたエドワードが咄嗟にベラを振り払います。そのとき、ベラはこう言うのです。「私は求めてしまった。」と。

「くる」と表現するのは、結果的に「快楽を生み出す」「快感を求める」という意味になります。オーガズムにを欲するなら生み出すしかありません。

「イク」と表現する日本の女とは違い、「くる」と表現する外人女性は、性やセックスに対して開放的です。「くる」という表現にはこの上ない快楽を味わいたいという女の積極性や貪欲さの表れなのです。

【死に対する考え方】神のもとへ「イク」神が「くる」

「イク」と「くる」の違いは、積極的か否かの違いの他に、死に対する考え方でも変わってきます。求めるのか生み出すのかの違いはありますが、どちらにも共通の表現は【昇天する】という言い方です。昇天、つまり死を意味します。

『オーガズム』は英語です。ドイツ語では『オルガスムス』、フランス語『アクメ』などは、【小さな死】を意味しています。そして『エクスタシー』の意味は 【魂が外へ出る】【恍惚感】【昇天】という意味です。

 「イク」を「逝く」と言い換えれば、オーガズムは『小さな死の世界へ逝く』とも言えます。仏教の考えが残る日本は、人が死を迎えると「極楽浄土へ往く」と言いますね。

しかし、キリスト教の考えがある欧米は「神が迎えに来る」と言います。

その言い方でも、考え方の違いがはっきりしていますね。日本人の考え方は、自分から「イク」のです。神様に迎えにきてもらなどと恐れ多いという考えですね。

そしてオーガズムが【死】を意味するのは、セックスは命を生み出す行為だからです。

人間は、文化の発達やその他さまざまな要因で寿命が長くなりました。しかし、自然界ではどうでしょう?カマキリのオスは交尾してメスに食べられ、やがてメスも産卵後命が絶える。ミツバチは射精すると、ペニスがそのまま引きちぎられ死に至る。

ちなみに、深海魚のチョウチンアンコウを知っていますか?オスとメスの大きさは、約10倍ほども差があり、メスの方が大きな体をしています。メスと出会ったオスは、メスに噛みつき同化し、メスに吸収されてしまうのです。残るのは精巣のみ。

以下、大変面白い?悲しい?ので、1度ご覧下さい。

オスとメスの関係性は、実は人間でも大差ありません。女は、慎ましさで本性を隠しているだけです。そして多くの男女が勘違いをしていますが、女が男に選ばれるのではありません。女が男を選んでいるのです。

「イク」と「くる」以外の絶頂表現

「イク」と「くる」以外の絶頂表現をする国も多数ありました。

  • タイ:終わりそう
  • インド:こっちに来て
  • ロシア:終わります
  • ブラジル:私は楽しんでいる
  • ルーマニア:自分を解放させる
  • 中国:殆ど声を出さない(言うなら「くる」)
  • チリ:尽きる
  • スペイン:性的絶頂のみのイク(川が流れるというイメージ)

積極的か、楽しみ興奮しているか、落ち着いているのか。これらの表現だけでも、セックスに対する価値観が違うのが見て取れますね。

イク時の感覚

紗江がイク時、時々「イク」とつい言ってしまうことがありますが、感覚的には「くる」と表現する方が的確です。

イキそうになってくると体の中、子宮あたりに何かが集まってくる気がします。何かと聞かれても説明できませんが、とにかく何か目に見えないエネルギーのようなものがどんどん体内に集まる感覚は、まさにオーガズムの小さな波が打ち寄せてくるイメージです。


そして波のくる間隔が短くなって絶え間なく=「くる」、そしてそれが一気に放出される=「出る」。
紗江のオーガズムを言葉で説明すれば、このようなイメージです。

今までにたった1度だけ、オーガズムの波が集まってきたとき「くる」と、小さく呟いてしまったことがありました。でも、その後はやはり「イク」でした。終わってから、彼に「紗江、さっきくるって言ったよな?」と聞かれ、オーガズムについて話し合いました。

あなたは「イク」と感じますか?「くる」と感じますか?