Vラインの一般的な形

全てのページはこちらサイトマップ

アンダーライン処理必需? Vラインの形

アンダーライン処理必需? Vラインの形
アンダーラインのお手入れで、必需とも言えるVライン。
同時に、比較的一番簡単にしやすいのがVラインの処理です。

Vラインは、アンダーヘアが長くてショーツや水着からはみ出してしまう箇所でもありますし、真正面からパッと目につく場所です。

プールや海ではみ出したVラインなんて、誰も見たくありませんね。

Vラインには、色々な形がありますが、代表的なVラインの形をご紹介します。

Vラインの形 ~デザイン~

Vラインの形 ~デザイン~

幅狭のVライン

  • Vラインの一般的な形で一番オーソドックスなのが、逆三角形です。ショーツなどからはみ出ないように面積を小さめにする形がこれです。
  • 幅の細いIラインの形です。

幅広のVライン

Vラインの一般的な形

  • こちらは逆三角形でも、幅はあまり変えないオーソドックスな逆三角形。上記よりもナチュラルなイメージ。
  • 幅の太めのI型です。

ナチュラルなVライン

Vラインの一般的な形

  • 女の子らしい柔らかでナチュラルなイメージの逆たまご型です。
  • たまご型と同じく、柔らかいイメージのU型です。

ユニークなVライン

Vラインの一般的な形

  • 人とは違った事がしたいというちょっ悪戯心溢れるハート型。
  • 海外では大人気のようですが、ハイジニーナ。アンダーヘアを全て処理してしまう、いわゆるパイパンです。

アンダーヘアの形は好み次第

Vラインの形は、人がこういうのをしてるからと言って、同じ形にしなくてはいけないという事はありません。
アンダーヘアの処理の第一の目的は、「清潔にすること」です。

ただ日本人は、人と同じだと安心するという性質を持っているようですが、自分が清潔にするためなら、好みの形にすればいいですね。

もしパートナーが、アンダーヘアが多い方が好むのなら、お手入れする必要はないでしょう。



ムダ毛お手入れおすすめ商品はこちら
ムダ毛おすすめ商品