アンダーヘアが生える理由

全てのページはこちらサイトマップ

アンダーヘアが生える理由

アンダーヘアのお手入れするべき?

女性にとって、アンダーヘアだけでなく、体中のムダ毛処理は永遠のテーマ。

  • お肌や痛んだ髪の毛のケア
  • スタイル維持
  • ネイルのケアなど

女性にとって永遠のテーマがありすぎて、嫌になってしまいますね。

髪の毛も多すぎるとちょっと困りものですが、いらないアンダーヘアとは違って、まつ毛は「ロングでふさふさ」がいいと誰もが憧れます。まつ毛が濃く長いと目元がくっきりとしますので、リッキッドのアイラインをひかずとも、おめめぱっちりに見えメイクするのも大変楽になります。

まつ毛の育毛剤を毎日欠かさず塗っている方もいるでしょう。

女性にとっての憧れでですね。いらない部分の毛なんて生えてこずに、まつ毛だけ増えればいいのに!と思う人も多いはず。

ムダ毛の生える理由

しかし、アンダーヘアも足のムダ毛もまつ毛も、全てなんらかの役割を持っている毛です。決してムダ毛ではありません。

自分にとって欲しいものだけ必要、要らないものは排除する。ムダ毛で考えても、恋愛と似通っているのがわかりますか?全ての根源は、人間の欲なのですね。

皆さん、既にご存知だと思いますが、体毛は、体の重要な部分を守るために生えています。

そして、一番量の多い髪の毛は、体の中でも一番大事な脳を守るためと言われています。毛が生えているそれぞれの箇所は、守るべきものがあるのです。

ムダ毛と言えば、多くの人が悩まされている「ワキ毛」と「アンダーヘア」。

  • ワキ毛が生えるのは、大切な血管や腱・リンパ節などを守るため
  • アンダーヘアが生えるのは、膣や女性にとって一番大切とも言える子宮を守るためなのです。

そして、実はムダ毛には以下のような働きもあります。

ムダ毛の役割

  1. 体内にある毒素を、毛を伝わせて排出する働き
  2. 外部から与えられる肌への刺激を和らげる、クッションの役割
  3. 外部のゴミやチリなどを吸い込まないための、フィルター機能
  4. 直接肌に触れる前に毛に触れることによって、刺激を察知する感覚機能
  5. 体温を一定に保つ、保温・断熱機能
  6. 外からの紫外線をカットする働き



ワキ毛や恥骨のアンダーヘアは言えば「生えてこなければいいムダ毛」なんて邪険にできない存在なのです。

うぶ毛はムダ毛?

ワキやアンダーヘアだけでなく、体中には私たちの意識の中で「うぶ毛」でも「ムダ毛」に分類されている体毛もありますね。

スネ毛や背中の毛、指先のうぶ毛・うなじの毛などなど、全て女性の大敵のムダ毛と認識されていますが、これらの毛は全て体温の調節をするために生えているのです。

「ムダ毛」と言われている体毛にも、生える意味があるのですね。

ですが、やはり生える意味があろうがなかろうが、ムダ毛は小憎たらしいという事に変わりはありません。

ムダ毛お手入れおすすめ商品はこちら
ムダ毛おすすめ商品