セックスの体位48手 卅六. いかだくずし

セックスの体位48手 卅六. いかだくずし

いかだくずし

このいかだくずしの体位は、正常位のバリエーションのひとつです。


画像では女性がぶら下がっているように見えますが、床に寝転んだ状態で行って下さい。


正常位から、女性が足を伸ばし・男性が上から重なったスタイルになります。

いかだくずしの特徴は、男性も女性も足を伸ばしていることです。

男女の足が並んでいる様子がいかだにみえることから、名前がついたとの説もあります。

『夢枕艶房秘書』にはこうあります。


軽い突き腰を取り入れ、まわし腰とすりつけ腰の組み合わせで好い気持ちになれます。

女房も持ち上げ腰にまわし腰に下からのすりつけ腰をゴッチャにして、お互いに不規則乱調子の腰を使うことです。

いかだくずしの男性のメリット

女性が足をまっすぐに伸ばすことで膣が締まり、男性は強い快感を得ることができます。


また女性が足を閉じれば、女性器がより締まり男性器をさらに強く締めることができます。

男性にとって、ペニスを締め付けられるのは願ってもないことですね。


女性の足がしっかりと伸び絶頂を迎え、足に力入ると女性がさらに締まり、男性をより締め付けるのです。

いかだくずしの男性のデメリット

いかだくずしのデメリットは、ペニスサイズの短い男性の場合、膣から抜けてしまう可能性があるという事です。

その場合、いくら締め付けがきついからといっても、簡単にスルリと抜け落ちてしまいます。

ある程度、大きさのある人でないと難しい体位でしょう。

その他には特にデメリットはありません。

いかだくずしの女性のメリット

女性は絶頂を迎えると足に力がはいり、ピンと伸びますね。足を伸ばしていないとイケない女性もいるくらいです。

オーガズムを得にくい人には、もってこいの体位です。

また女性にとっては、愛しているパートナーとの密着感はとてつもなく幸せを感じるでしょう。

肌と肌との触れ合いが、心をも満たしてくれますので、愛を深めるにはとっておきの体位です。

ピストンだけではなく、擦り付けて刺激されると、クリも同時に快感を感じることができます。

いかだくずしの女性のデメリット

このいかだくずしは女性にとっても、あまりデメリットはありません。

ただし、奥を突き立てられたい方には、刺激が少ないのが欠点です。

また男性が、全体重をかけてくる場合もありますので、その際には重みが辛く感じるかも知れません。

いかだくずしは、突きながら腰を擦り付けて回すように責め立てると、お互いに大変感じる体位です。

女性も腰をパートナーに押し付けることで、快感が増します。



セックスの体位 48手 TOPに戻る



Posted in 未分類