セックスの体位48手 卅九.きぬた

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位48手 卅九.きぬた

きぬた

きぬたという体位は、イラストをご覧になるとわかる通り、通常では使うことのない体位ですね。AVでは、見たことがあるでしょう。

  • 仰向けになった女性が腰から下を持ち上げ、L字のようになる。
  • 反対方向を向いた(男性のお尻が女性の顔の方を向いてます)男性がそのまま上から挿入する。

廓つなぎもそうでしたが、急にこんな体位を取らされた女性は、ただただ驚くばかりでしょう。

だって愛情の欠片も感じません。

この体位で射精すると妊娠しやすいと言われていますが、本当なんでしょうか。

『夢枕艶房秘書』にはこう書かれています。

「今夜は一ツこんなやり方ではめてみようじゃないか。」
「そんなこといつて本当にこんなこと出来ますの・・・」
「出来るともさ。」
「そうですか。」「ぢやあ、こういう風にして御覧よ。」

と云つたような具合で、興味と面白味とが手伝つて、一寸やつて見ようといふ形です。

きぬたの男性のメリット


男性はピストンではなく、女性の上に座り込み、バウンドする動きで責めることになります。


イラストよりも、もっと足を開き・上半身を前にかがめることにより、ポルチオを責める形にもなるので、「ほら!どうだ!」とキツく責め立てたい方には良いかも知れません。

おまけに女性を下に敷くことで、服従させているという征服感を感じることになるので、精神的な優越感は感じれるでしょうか。

きぬたの男性のデメリット


かげろう同様、男性器が下方向に曲げられる状態になるので、ペニスに痛みを感じる場合があるかも知れません。

そしてこの姿勢は、男性が足腰でしっかり支えていないと、女性に大変負担がかかってしまいます。

まるで、屈伸運動そのものでかなりハードな筋トレ並みです。

ご想像のとおり男性の腰への負担はかなりのものです。このままぎっくり腰・・なんてことは避けたいものですね。

きぬたの女性のメリット


女性は、いつもとは違う場所に男性器を感じる不思議な感覚を味わうことができ、新しい性感帯の開発ができる可能性も秘めています。

自らが腰を曲げ、高々とあそこを持ち上げることで、羞恥心を刺激するかもしれません。

また女性はほどんど動くことができす、男性のなすがままの状態になることから男性に征服されているという喜びを感じることができる体位かもしれません。

きぬたの女性のデメリット


きぬたは、女性にとっても多くのデメリットがあります。

  • クリトリスやGスポットへの刺激は期待できない。
  • 足をぎゅっと固定しておかなくてはいけないから、快感に集中できない。
  • 男性が上から深く差し込むたびに重みがかかり、腰を痛めてしまう可能性がある。
  • 男性が上半身をかがめて差し込む程、子宮口に当たり痛みが生じる場合がある。

きぬたはデメリットばかりの体位


ちなみに、『砧(きぬた)』とは、まだアイロンのない時代、洗濯した生乾きの布を台にのせ、棒や槌でたたいて柔らかくしたり、皺をのばすための道具として使われていたものの名称です。

古代から伝承され、当時は夜になるとあちこちの家で砧の音がしたそうです。

『強く打ち付ける』ということから、このきぬたという体位の名前がついたのですね。

はっきり言って、このきぬたという体位はデメリットの塊です。

まさか好きな相手にこのような責め方をしたいとは考えないでしょう。

この体位を使うという男性がいるとすれば、よほどの体位マニアか・遊びのオンナとしてしか見られていない可能性もあるのではないでしょうか?

仲が良くオープンにSEXのことを話し合えるようなカップルの場合は「どんなか一回やってみる?」と、遊び半分で行ってみるのもいいかも知れませんね。



セックスの体位 48手 TOPに戻る