オリモノの量と周期

オリモノの量と周期

オリモノには生理と同じように周期があり、女性ホルモンの周期と共に変化しています。
卵巣から定期的に分泌される下記の2種類のホルモンと、大きな関係性があり、オリモノの量はその周期に合わせて変化しています。

  • 卵胞ホルモン(エストロゲン)
  • 黄体ホルモン(プロゲステロン)

女性のオリモノの周期

卵胞期前半のオリモノ

生理の後すぐにオリモノは、さらっとしていてオリモノの量も少なめ。残った経血もあり茶色っぽいオリモノが出る場合もあります。


卵胞期後半から排卵期のオリモノ

卵胞期後半からはオリモノの量も多くなってきます。
そして、一番オリモノの量が増えるのは2日~3日の排卵期。オリモノの状態は、トロっとして透明。ニオイはあまりありません。

子宮頸管を精子がスムーズに通りやすくするために、アルカリ性に近づきます。

黄体期のオリモノ

オリモノの量が次第に減ってきますが、粘り気の強いドロッとした状態になります。下着に白く濁ったオリモノがつく頃です。


雑菌を子宮に入るのを阻止するため、酸性に近づきます。

生理前のオリモノ

ドロっと白い粘り気のある状態が続き、量もまた増えてきて、ニオイが強くなり始めます。

オリモノの臭いがきつく感じられるのもこの周期です。

自身の健康と何らかのサインを見つける事につながりますので、オリモノの量やニオイ・状態は日頃からきっちり把握し管理するようにしましょう。

オリモノの量は年齢によって変化する

オリモノの量は、上記のような周期だけでなく年齢によっても変化します。

10代のオリモノの量


初潮を迎える前はおりものは、殆ど出ないか量がさほど多くはありません。

生理が始まる前頃に、卵胞ホルモンの分泌が始まり、オリモノも少しづつ分泌され始めます。

20代のオリモノの量


ホルモンの働きが最も盛んになる時期で、最もオリモノの量が多くなる時期でもあります。

30代のオリモノの量


ホルモンの働きは20代と変わらず、多くのオリモノが分泌されます。

個人差はありますが、オリモノの量で悩まされる方も多いでしょう。

40代のオリモノの量


オリモノの量は次第に減少していきます。

卵巣の機能も低下し、ホルモンの分泌も減少するため、20~30代の頃と比べるとオリモノの量が少なくなり、「性行為で濡れない」といった悩みが出てくるのもこの頃です。


50代以降のオリモノの量


50代になると閉経する女性も増え、閉経後はバルトリン腺からの分泌液も減少します。

ホルモンの働きもぐっと低下する事により、オリモノの量も減少するため、下着につくといった不快感からも解放されます。

オリモノの量が少ないため、臭いも軽減し、生理の煩わしさオリモノの煩わしさがなくなる一方、パートナーとの性行為で痛みが出るなどの支障が起きてくる事も・・・

ですが、オリモノの量の減少によって膣の自浄作用も低下するため、細菌が侵入しやすくなり、逆に臭いの原因になってしまう場合もあります。

妊娠中のオリモノの量


妊娠中は、大切な胎児を守るためにオリモノは酸性に近づき、量も多くなります。

オリモノが酸性になるため、臭いもかなり気になってくるでしょう。



1日たった30分おりもの改善マニュアル



あそこの臭いのあれこれTOPへ戻る

合わせて読まれています。