フェラをしている時の女の気持ち

全てのページはこちらサイトマップ

フェラ・クンニする時

フェラをしている時の女の気持ち

フェラチオは、SEXする上でオトコ・オンナに関わらず大半が必ずするものという認識が、あると思います。

その点クンニは、特に「必ずしなくてもいい」と考えているでしょう。
何故、フェラは必ずするものなのに、クンニは時と場合によると考えてしまうのでしょう?

SEXはお互いが気持ち良くなるために、作り上げていくものです。

  • 一方的に気持ちよくなるだけで満足するだけでいいという方もいるでしょうし、
  • お互いが気持ち良くなりたいと思っている方もいるでしょう。

どちらにしても、その中で【フェラをしている時どういった気持ちでしているのか?】と気になる男性も多いかと思います。

いったい女はフェラチオをしている時、どんな気持ちでしているのでしょうか?

フェラをしている時のニオイ?

フェラチオという行為は、クンニと同様で【好き】・【嫌い】と好みが大きく分かれます。

  • フェラが無理な女も当然いますし、
  • 好きな相手だからこそできる
  • 硬いペニスを味わえるからとりあえず好き

色々な考え方や気持ちがあります。

管理人紗江は、好きだから快感を感じて欲しいという気持ちで、一心不乱にフェラをしますが・・・まずオトコの陰部は、個人関係なく「もわっ」とした独特なニオイがあります。

特に陰部全体というわけではなく、紗江の感覚では「タマタマのニオイ」そんな感覚です。

ペニスをフェラする時に感じる気持ちではなく、睾丸を愛撫している際には必ずと言っていい程感じる気持ちです。


「もわっ」とするというのは、正確にはニオイではないかも知れません。


ニオイと言えばかなり個人差がありますし、そのニオイでどういった気持ちを感じるかは相手によってもかなり大差が出てきます。


ニオイは、人間にとってダイレクトに伝わる唯一の感覚です。

紗江的には、フェラの際の「もわっ」とするジメジメ感と言うか湿気感というか、何とも言えない独特な「タマタマのニオイ」としか表現方法は他にはありません。

紗江は女なので逆の感じを味わった事は一度もありませんが、大陰唇と小陰唇で閉ざされた女のあそこの方がもっとそういった感覚がひどいのかも知れませんね。

フェラをしている時の女の気持ち

そういった気持ちを感じながらも、男も女も第一に相手が気持ち良くなって欲しいという前提でフェラ・クンニという行為に及びますよね。

ただし、自分が気持ちいい気分になるためでもあり、決して相手だけ気持ちよくなって欲しいといったそれだけの気持ちではありません。

もし、フェラして相手だけに気持ちいい快感を与えたいだけなのなら、フェするだけで満足するはずですから・・・女は決してそんな控えめな生き物ではありません。

どういった場合でも、個人によってその時の感じ方や想いにはかなりの差が出ます。同じ個人であっても、今日と明日ではまた違った気持ちになるかも知れません。

基本的にフェラしている時、自分が好きな相手の場合は一番に「感じて欲しい」という事ですが、その他の気持ちは以下のようなものが基本的でしょう。
  • 「まだ柔らかいな。」「こんなに硬くなってきてる。」など、勃起具合を確かめる気持ち。
  • どういったやり方をすれば気持ちいいと感じるんだろう。と、ビクッとしたりのけぞったりする相手のカラダの反応を見ている。
  • オトコが喘ぎ声を上げれば、「もっとしてやろう。」と夢中になる。
  • 私も舐めて欲しいな。頑張ればしてくれるかな?
  • 最後に「口がだるくなってきたな。もうこんなもんでいいかな・・・?」
  • これを挿れられたら、どんな感じだろう?気持ちいいんだろうな。

多分、オトコがクンニする時に案外冷静な時が多いように、フェラしている際の女の気持ちも冷静な場合の方が多いと言えるかも知れません。


合わせてご覧下さい。