セックス後の男のつれない態度【賢者タイム】って何?

  • 愛を確かめ合うように・・
  • 新鮮な出会いに感激するように・・
  • 高まった性欲に導かれるように・・

セックスはとても気持ち良く、気持ちも高揚し盛り上がるものです。体を重ね合わせ、愛情も深まり互いの距離も近づきます。

でも、せっかくの気持ち良いひと時を過ごした後になぜか冷たく感じる男の態度。それには、しっかり理由がある…そのつれない態度は【賢者タイム】と言われるもの。

多かれ少なかれ、男には賢者タイムがあります。賢者タイムの特徴と原因はどういったものなのでしょうか。

賢者タイムに入った男の冷たい態度の特徴

セックス後の男のつれない態度【賢者タイム】って何?

どうも。哲也です。
セックス後、男がつれないと感じる賢者タイム。男が賢者タイムに入るとこんな特徴があらわれます。

  • さっきまで愛情が伝わっているような感じだったのに、一気に冷めたよう…
  • 生あくびが増え、興味が薄れたように目が虚で眠そうにする
  • 突然スイッチが切り替わったように、会話したがらなくなる
  • 少し触れただけなのに、不快な雰囲気を出す
  • 携帯を触りだし、話しかけても上の空
  • スマホを見たり、タバコを吸ったり別な事をし始める
  • セックス後すぐ帰る

セックス後にベッドに一緒にいるのはまだ良い方。ひどい時には、終わるとベッドに女性を置いてパソコンを開いたり…ただ「帰る」は極端な例です。

大半は「あの気分の盛り上がりは何だったの?」と思わせるような、態度の変化。

一緒にスタートして共同作業でゴール。
ゴールの感想や余韻に浸りたい時に、「別に…。」なんて態度されるとあまり良い気分はしないですね。まるで自分だけが盛り上がっていたような、さみしさ。少しくらいは優しくしてくれればいいのに。

しかし男は、スタートからゴールまで互いに最高に盛り上がっていたのは確かです。

それがゴールを越えた瞬間、スイッチがオフになったように突然冷たい態度になってしまう賢者タイム。その理由はちゃんとあります。

賢者タイムの男が冷たくなる理由

「賢者タイム」とは、正式名称ではなく呼称。賢者タイムには正式名称があります。

  • 性交後憂鬱(せいこうごゆううつ)
  • 不応期(ふおうき)

不応期は性的な刺激を受け付けなくなり、射精後に勃起しなくなる『射精後不応期』を意味します。身体的に起こる現象ですが、賢者タイムとしての名称として使われる時もあります。

男は射精しオーガズム後、オキシトシン・プロラクチン・セロトニンの分泌量が増大します。これらは脳内物質で性欲を抑え込む作用があり、賢者タイムに関与していると言われています。

男がセックス後につれない態度になるのは、その脳内物質が射精後に分泌されるためです。急に性欲を失っている状態。

性的な刺激を受け付けなくなった男は、極端な場合は触れられるのも拒否してしまう…。

賢者タイムは『性交後憂鬱』として、セックス後に性欲がリセットされる。『不応期』として、一時的に勃起出来なくなる。

これらの要因が賢者タイムとして、セックス後の男の態度に現れます。愛情や感情に関係なくセックス後に急に性欲がなくなるので、冷たい印象があるのはそれが原因と言われています。

相手がたとえ大好きな本命女性であっても、射精すると賢者タイムを迎える事に変わりありません。体に起こる作用は相手が誰でも、オナニーでも変わらない。

ムードが盛り上がりセックスで最高潮を迎える2人。その途端、男だけがストンと気持ちをリセットしてしまうとその温度差に不満を抱くのは当然。

でも賢者タイムになろうと意識しているわけではなく、身体の機能がそうなっているのだから、どうしようもない。いわば睡眠ホルモンが誘発されて眠くなる・裸を見ると興奮し勃起するのと同じこと。

とはいえ、言い訳はしません。とにかくそっとしておいてほしいのです。

男が賢者タイムになる原因物質について

男は勃起してから射精まで男性ホルモン(テストステロン)が増加し、射精と同時に減少するとわかっています。

その時にプロラクチンが増加し、射精後はより増加していきます。それが賢者タイムの原因となる不応期を生み出します。

プロラクチンとは、下垂体前葉にあるプロラクチン分泌細胞から分泌されるホルモンの一種。射精後に増えたプロラクチンの作用により、男は性欲が制御されてしまいます。

この時プロラクチンが増えない人が稀にいますが、そんな男は賢者タイムもなし・性欲もおさまらず続けてセックスできるようです。いやそうなればなったで、女性の方がもたないでしょう。


プロラクチンの分泌は男女ともにあり、女性は赤ちゃんが乳首を吸う刺激によって分泌が活発化されます。それは妊娠中に乳腺を発育し母乳の出をよくする効果もあるのだとか。

そして、オナニーの射精よりセックスでの射精の方が約4倍近くののプロラクチンが分泌されるとも言われています。おそらく相手がおらずある程度冷静で、精子を排出するという事務的作業だからでしょう。セックスの方が賢者タイムに入ってしまう確率が高いということですね。

さらに射精後には、オキシトシンやセロトニンといった精神を安定させ睡眠を誘発する物質が脳内で作られ分泌します。セックス後に男が眠そうにしている時は、これらの物質が盛んに分泌しているからです。

なぜ賢者タイムがあるのか?

賢者タイムがある理由は、身を守るという保護欲が関係しています。おおむかし弱肉強食の世界にいた人間にとって一番無防備であるセックスは非常に危険な状態でした。セックス中もセックス後でも、周りを警戒しなくてはなりません。

そのため女性のように快感に没頭することもなく、快楽を得るのは射精の瞬間のみ、そして『賢者タイム』として性欲を制御していたその名残とも言われています。

ぐったりまったりしていては、身が危険にさらされ自分も守れない・メスも、子孫を残すための射精もムダになってしまうということに…。賢者タイムは必要なものだったのでしょう。

逆に女性がセックスの余韻に浸りまったりするのは、射精された精子がまだ膣内に残っているからなのだとか。膣から子宮・子宮から卵管へと運ばれしっかり受精されるように、すぐに動かず余韻に浸るのでは?とも言われています。

ただ、現代におけるセックスは大事なコミュニケーションでもありますから、賢者タイムがあると少々厄介なものです。

脳内物質の作用とはいえ、セックス後に「冷たい」なんて女性に思わせないように、男はせめてすぐその場を離れてはダメですね。やはり腕枕だけでもしてあげないと…。

相手に『自分は本命ではないのだわ。』と思わせてしまうかも。

賢者タイムは回避できないのか

セックス後、男の体の変化による賢者タイムは、本来回避できないものだと言えます。賢者タイムは自分の中で制御できるものではなく、男の体にもともと組み込まれているシステムで、性欲をリセットさせているのです。

それが原因で冷たい態度に感じますが、男自身は性欲がゼロになるだけであり冷たいのではありません。素に戻ったという表現が正しい。中には賢者タイムに任せてつれなくなる男もいますが、それは気持ちの温度差という可能性もあります。

手に入れる時は必死だったけど射精すれば用はないと、一気に冷める。プロラクチンは、興奮を煽るドーパミンの分泌を抑制もします。すると帰るという行動に出るかもしれません。もちろん、よほど用がある場合は除きます。

しかし大半は反応が鈍りながらも、少しでも優しくしないと…と努力するものです。それがパートナーに対する思いやりですね。

とはいえ相手との関係性が深ければ深いほど、つい甘えて飾り気のない態度をとってしまうものでもあります。わざわざ取り繕って優しくせずともよい安心感。疲れる関係ではなく、リラックスできる関係です。

むしろその真逆で、極端に反応してくれるのは「演技」かも?

賢者タイムの時に演技は、多少無理はありますができないわけではないのです。いわゆる計算です。単細胞と言われる男でも計算はできます。その計算はパートナーを喜ばせようとする気持ちではなく、キープしようとする気持ちであったり。

男の演技をどこまで見破れるのか。男ほどではないでしょうが、女性も案外単純な生き物。私は男ですから、男の汚い面はよく知っています。今寂しく一人でいるのは、その罰を受けているのだろうかと感じることも…。

人によって全く違ってくるので、何が嘘か本当かという線を引くのは到底無理な話です。

私くらいの年齢になると、男も女もセックスに対し・お互いに対し、考えないといけないものが多くありそうですね。

とはいえ、賢者タイム中は性的なものから解放されたい気持ちが強いので、ドラマのようなシチュエーションを求めるのは現実には酷です。

ちなみに女性にも賢者タイムはあるのだとか。

 by 哲也

男性を元気にサポートするマカや愛情ホルモンオキシトシンの効果絶大! 2人の時間を最高に導く[LUVLYQUID]リキッド・デラックス
早漏防止!活力ある男性に強力サポート! 1日中好きなだけ勃起する!?
もっと濡れるための女性用サプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
ペニスのサイズアップ可能? プロソルーションジェル
女性用男性用何でも揃ってます。 お買い得アダルトグッズ通販はこちら