セックスの体位48手 三.いかだ本手

セックスの体位 48手 いかだ本手

いかだ本手

この型の特徴は、オマンコの最も深いところにオチンチンが届くという事です。つまり奥の壁まで十分にカリの太さを味わうことが出来るのです。


揚羽本手の形から、男性は上体を起こして脚を伸ばします。脚は膝をつかずに爪先で体を支えます。


女性は男性の腰に脚を絡めたままです。
この形では、オマンコが真上を向き、真上からオチンチンが突き降ろされるので、嫌でも奥までカリが届きます。


男性は両手を付いても、片手で女性を抱いてもいいです。爪先で支えながらリズムよく腰を振れば、自然と突き降ろす形になります。


この時、女性は両手で自分の腰位置を調整したり、男性の首に手を回して支えることでオマンコを真上に向けるようにします。慣れない人は、枕や布団を腰の下に敷くことでちょうどいい高さにしましょう。


男性の突き降ろすオチンチンがズンズンと奥を叩いてくるので、頭がおかしくなるぐらい何度も絶頂を迎えます。




セックスの体位 48手 TOPに戻る