セックスの48手【2】恋のむつごと四十八手:其の35.玉除(たまのぞき)

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの48手【2】恋のむつごと四十八手:其の35.玉除(たまのぞき)

セックスの48手【2】恋のむつごと四十八手:其の35.玉除(たまのぞき)

さる人 此事を沙汰せるをきけば 先和合のまへにのぞませをくほど 一のたのしみなしといへり いかにといへば 入きはめてはその興なしとぞ

このような人はこのことをすると聞けば、まず和合する前にいったん離しておくほど一番の楽しみはないという。どうしてかといえば、入ってはめてしまえば面白みがないのだと。

この四十八手は、あそこにペニスを覗かせて焦らしている様子を表しています。

詞書には前戯の心得のようなものが書かれています。すぐに入れてしまわずに、いったん離しておくのがいいと。つまり、焦らしプレイですね。

『玉除』のたまは、男性の睾丸のように感じられますが、女性のあそこ『玉門(ぼぼ)』のことです。

前戯では焦らせば焦らすほどいいのだとあります。玉門(ぼぼ)に男根(まら)を見せて焦らす…。早く挿れてほしいと願う女性の興奮度も上昇するでしょう。

実は、江戸時代は前戯はほとんどなかったという噂があります。前戯なしに挿入メインのセックスだったと言われていますが、この春画では明らかに前戯が行われていたという証になりますね。

こういった書物も残されています。

恥ずかしき風情をうち忘れて、うれしき心ばかりにて、股をゆる〈とさし開く基時玉茎を玉門へあてがひ、入るゝやうにてすりはずし〈、二、三度こくれば、基時女は、人をもはゞからず、枕をはすしてはやりかゝる。

基時男のおこりたる物にて、三度上下へすりはづし、すりこくりやり渡すべし。

『おこりたる(勃起)玉茎の頭で、玉門(ぼぼ)やさね(陰核)を擦ると、女性は感じ乱れる。』こういったことからも、女性への前戯はきちんとあったと言えるでしょう。

前戯を怠ってすぐに挿入すると、女は心と体の準備ができていません。悪くすれば痛みを感じるかもしれません。それは、今も昔も変わらないでしょう。

考えれば、すでに女性の性欲が貪欲に表現されていた当時、急な挿入で男性だけが気持ちよくなろうとする行為を女が許すはずがありません。

リュイールホット

そんなことにならないよう、十分前戯をしておくのは大切なことです。前戯だけでイかせるも有りですね。

中イキは、前もってクリイキするとイキやすくなるでしょう。ポルチオイキも同様です。

 

前の四十八手『すのこがくれ』

 

 

 

セックスの体位48手【2】恋のむつごと四十八手TOPにもどる

 

セックスの体位48手【1】を見る

 


女性の性欲を増進させる催淫作用によるムード向上、感度アップ作用ラブエッセンス [LUVLYQUID]アドバンテージDX + 威覇クリーム(女性用)
あまり感じない濡れない女性のためのサプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
中イキしたい方必見 女性用快感オナニーグッズ