セックスの体位裏48手 裏十八.虹のかけはし

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位裏48手 裏十八.虹のかけはし

裏十八.虹のかけはし

虹のかけはしは、あぐらに座った男性の上に女性が横座りして挿入します。座った状態でお姫様だっこをする姿勢です。

唐草居茶臼か、忍び居茶臼のどちらからになつて、マラをグッと深くオマンコへ入れ、女性が足を片方に動かすことで体位変換すると良いでしょう。

また、つぶし駒掛けのようなバックのスタイルから女性を抱き起しても良いですね。

虹のかけはしの男性のメリット


女性が足を閉じている状態のため、あそこの入り口はかなり閉まります。

また女性をゆりかごのように動かすとペニスが左右に振られるという、これまであまり経験したことがない感覚を味わうことができます

男性はあぐらで座っているので安定した楽な体勢です。女性が男性の腕をまわすとより姿勢が安定し、男性が手を使ってクリトリスや乳首に愛撫をすることができます。

虹のかけはしの男性のデメリット


女性の全体重を太ももで受け止めることになりますので、この体勢で突き上げるのはパワーが必要です。

虹のかけはしの女性のメリット


変則的な横方向からの挿入なので膣の横から前にかけていつもとは違う強い刺激を感じます。

パートナーに強く抱きついたりキスをすることができるので、とても安心感ある体位です。


男性の腕力が強く姿勢が安定しているようなら、女性は片手を自由にでき、自分でクリトリスをいじることもできますね。

虹のかけはしの女性のデメリット


やや窮屈で動きにくい体位になります。

パートナーに全体重を預けることになりますので、重いかもという不安がよぎり快感に集中できないかもしれません。


虹のかけはしは、男性と女性が息を合わせないと難しい体位です。この体位で二人の親密度はより高まるに違いありません。


男女ともに腕の力が必要な体位ですから、長い時間維持するのは厳しいでしょう。


虹のかけはしから、廿六.亂れ(乱れ)ぼたんになったり、鳴門うしろ取りに体位変換して楽しみましょう。




セックスの体位 48手 TOPに戻る