セックスの演技がしわを深くする?

本当はそこまで感じていないのに、気持ちいいフリをしてつい演技してしまう。イッたふりをする。

演技をするといえばほとんどの女性が、大きな喘ぎ声を上げたり、眉間にしわを寄せ感じているフリをしているかと思います。

しかし、セックスのたびに演技で眉間にしわを寄せていると、眉間のしわは確実に深くなってしまいます。

なぜ演技をするとき眉間にしわを寄せる?

多くの女性が、感じているフリをしています。

そして気持ちいい演技をする時、眉間にしわを寄せるのはなぜでしょう?

セックスの感じ方は、ほぼAVの受け売りです。女性も男性と、何も変わりないと言えます。

本来、セックスで感じる感覚はやり方によって全く違いますね。

  • 首筋や背中を愛撫されているとき
  • 胸を揉まれているとき
  • 乳首をつままれているとき
  • クリを吸われているとき
  • 浅い位置でピストンされているとき
  • 奥まで強く刺激されているとき
それぞれに感じ方は異なり、全て眉間にしわが寄るほどの感じ方をするはずがありません。


優しくやわらかい愛撫をされているときは、穏やかで気持ちが良い表情になるはずなのです。

管理人紗江は、局部への愛撫以外は当然眉間にしわは寄りません。

彼が、高速でピストンする際でも、奥まで入れず浅く膣口を刺激されている時は、軽く目を閉じその快感に浸ります。

目を開けて見つめ合う時もあれば、天井をぼんやり眺める時もあります。

言葉で表現すると『猛烈な快感』ではなく『ちょうど良い快感』という感じでしょうか。

もし他の男性とセックスすれば、『コイツ不感症か?』と思われてしまうかも知れません。

ほとんどの男性が演技を見抜けないため、オンナが眉間にしわを寄せている表情を見れば『感じさせている』と勘違いをします。

同様に、オンナも眉間にしわを寄せて、『感じているのよ』のアピール。

本当にそれで良いのでしょうか?

繰り返していると深くなるしわ

眉間のしわだけでなく、例えばほうれい線で考えてみて下さい。

ほうれい線が深くなるのは、さまざまな表情をする上で、しわが寄るためです。

その箇所が動かない場所なら、しわが寄ることはありません。

生活する上で絶えず同じことを繰り返していると、必ず癖がつきます。

だからそのしわを伸ばすために、マッサージをしたり美顔器で伸ばすのでしょう。

【癖をつけるため】ですね。

逆も同じことなのです。眉間にしわを寄せていると、必ずそのしわは深く刻み込まれることになってしまうのです。

ちなみにしわとは別物ですが、紗江は昔からパソコンを使った仕事を行なっておりました。

毎日毎日パソコンに向かって仕事を行なっていると、当然一定の姿勢がつらくなります。

当時、辛くなった時の座り方が、片足を曲げてお尻の下に敷いた片足だけ正座の体勢でした。

すると、お尻にかかとが当たった状態でした。

それを数年続けて、ある日ふと気がつきました。お尻のかかとがあたる部分がポッコリとへこんでしまっていたのです。

それに気がついてからその姿勢をやめて数年、やっとそのへこみが治りましたが、癖とはこわいものです。

ご利益のあるお地蔵様など、多くの人が触る部分がへこんでくることも納得いきます。

たとえは全く違うものですが、原理は同じですね。

ですから、セックスの演技で眉間にしわを寄せると、自分でしわをどんどん深くしていっているも同然なのです。


ほうれい線や眉間のしわなど、若い女性にはまだ無縁かも知れませんが、行く行くは考えるべきことなので、覚えておいていただきたいと思います。

なぜ演技をしてしまうのか

眉間にしわ寄せて演技する理由は、相手への思いやりの気持ちと、自分を保身するための2つが理由であると言えるでしょう。

  • せっかく頑張ってくれているのに、プライドを傷つけてしまう
  • 自信をなくしてしまうかも知れない
  • 不感症だと思われ嫌われてしまうかも
  • たくさん感じていないと、セックスしても楽しんでもらえないかも

そういったことが理由で、眉間にしわを寄せて演技をしてしまいますね。


もちろん男性は、自分のテクニックで女性が気持ちよくなっているところを見れば、嬉しいでしょうし興奮度も高まります。

女性がそのような男性の思いに応えようとする気持ちもよくわかります。

しかし、そのようなプレッシャーが、気持ちいいセックスを遠ざけていると言えますね。

本当の快感は眉間にしわは寄らない?

昔、紗江はものすごい表情を見たことがあります。

それは、後にも先にもたったの一度だけでした。

多くの男性が射精をする際にも、眉間にしわが寄りますね。

まるで苦しんでいるかのような表情をしますし、絞りだすような声も出ます。

昔付き合っていた彼氏も、ほぼそんな感じでした。

たいていのフィニッシュは、正常位で向き合った状態です。

ある日対面座位で抱き合ってセックスを行なって、紗江の動きで「イキそう。」と言った時のことでした。

紗江は動きを速め彼氏がイク瞬間、何気に顔をズラしてイク瞬間の顔を見ました。

するといつものイク時の顔ではありませんでした。上を向いて口を開け、まるで寒い時暖かい湯船に浸かって「はぁ~気持ちいい~。」というような表情をしていたのです。


あんな気持ちよさそうな、快感にうっとりした表情を見たのは、その一度きりです。他の男性でも見たことはありません。

ほんの一瞬でしたし、見られていると気がついた彼氏は、慌ててその表情を解き普通の顔をしましたが、間違いありません。

男性がイク時『一切何も気にしていない場合は、そんな表情を浮かべるのか・・・。』と感じました。

その後は、確かめることもなく今に至りますが、案外男性も表情を作って演技しているのかも知れないと考えています。

感じ方も個人差がありますので、すべてのオトコがそうであるとは言い切れませんが、可能性はゼロではないと思われます。

演技の仕方を変えてみる

演技などせず、本当に心から気持ちいいと思えるセックスが出来れば一番良いのですが、必ずしもすべての女性が満足できるセックスができるようになるとは限りません。

体質や相性、パートナーのテクニックなど、さまざまなことが原因でどうしてもイクことができない人もいますね。

「感じているように見せなければ」と、あまりに意識してしまうと、体や心が緊張してますます気持ち良さが感じられなくなります。

そのようになってしまっては、セックスが苦痛でしかなくなりセックスレスにもなり兼ねません。

演技が100%完全に悪いことだとは言いません。

お互いの仲をうまく保つためには、必要かも知れないと考えるようになりました。

ですが、演技といっても、なにも眉間にしわを寄せるだけが感じているフリではありませんね。

どうせ演技をするなら、なるべく眉間にしわを寄せないように意識してみるのも良いでしょう。

セックスの時、目をギュッと固く閉じると眉間にしわが寄りやすくなるので、なるべく軽く目を閉じるよう意識しましょう。

演技をしないことが一番良いと言えます。

しかしパートナーとの関係をうまく保ち、尚且つしわを深くしないようにするためには、眉間にしわを寄せないように心掛けるに越したことはありません。

眉間のしわに拘らない

女性であれば「しわやシミをなくしたい。」「綺麗な顔でいたい。」と思い、一生懸命にケアしたりメイクを研究したり、ダイエットに励むなど努力するものですね。

生まれつきキレイな顔立ちの人もいれば、努力をしてキレイになった人もいるでしょう。


しかしいくらしわのない綺麗な顔でも、心の中が美しくなければ本当に魅力があるとは言えません。

逆にしわがあっても、美しい女性はたくさんいます。

見た目はしわがなくキレイで華やかに見えたとしても、ふとした時の表情が曇っていたり、内面が顔に表れるのです。

また、いつもイライラしていたり、ちょっとしたことですぐにキレるなど、気難しい性格の人は、怒っていないときでも眉間にしわが出やすかったり、しわが深くなって怖い顔になってしまいますね。

これはその人の性格が日ごろからつくりだした気持ちが顔に表れていると言えます。

本当にセックスを感じている場合、あまりの気持ち良さから眉間にしわが寄ることもあるでしょう。

同じ眉間にしわを寄せる表情でも、演技ではなく本当にセックスを気持ち良いと感じている場合ではまったく意味が違ってくるのです。

本当に気持ちのいいセックスをしている女性は、仮にしわが深くなったとしても肌艶がよくなり若返るものです。
ですから演技ではなく、眉間にしわが寄ってしまう場合は、一切気にする必要はありません。


パートナーとの良いセックスは、あなたを必ず美しくしてくれます。