セックスの体位48手 四十四.白光錦

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位48手 四十四.白光錦

白光錦

この白光錦は、女性が仰向けになり足を大きく開き、露わになった女性器を男性が指を使って弄びます。

これはイヂル形、くぢる形です。

先づオマンコの毛の生え際のあたりを軽く撫でる様にもむ様にして、割れ目の方へうつツて行き、サネガシラの上をやわらかく撫でさすり、ツバを指につけてサネにさわる様でもあり、さわる様でもないと云ふ具合にそろり〈と撫でさすつたり、指を丸く動かして撫で廻したりします。

白光錦の男性のメリット


男性は快感に喘ぐパートナーの姿を見て、少しサディスティックな気分で興奮します。

白光錦は丸見えになった摩訶不思議なアソコを存分に眺めながら、游ぶことができる上、パートナーの反応をちゃんと把握するいい機会でもあります。

白光錦の男性のデメリット


白光錦は、自分には何の刺激も加えられないので、責め好きな人でない場合は苦痛かも知れません。

そんな時は少し横に座って、パートナーの手をペニスへ導き、触ってもらうようにしましょう。

白光錦の女性のメリット


女性は、指の動きに身を任せて快楽の階段を上っていきます。

白光錦は何も考えず、ただ快感だけに集中することができるので、オーガズムを感じることに徹することができます。

白光錦の女性のデメリット


あそこを見られるのが恥ずかしい方にはこれ以上ないという程、白光錦は嫌かも知れませんね。

オンナにとって自分の性器は大変気持ち悪いものです。どうしてこんなにグロいのだろうと、誰もが思っています。

ですが、男性はそれを見て興奮するのですから、色や形など気にせず、自分の快感だけに酔いしれて下さい。

また下手なパートナーだと、痛みが生じるどころか傷がついてしまうリスクもあるので、痛い場合は痛いときちんと言って下さい。

どうしても言えない方はこちら⇒痛い愛撫を辞めさせる方法

白光錦の男性への警告

実は、アダルト映像の影響か間違った愛撫をする男性の方が多い現状です。


どちらかと言えば「俺は上手い。」「テクがある。」と思っている人に多い傾向で、ただの勘違いオトコに成り下がらないように気をつけましょう。

  • 激しく指を出し入れする。
  • きつく擦り上げる。

女性が準備ができていない状態であっても、したいまま行いますが、ただ自分の欲を発散しているだけです。

もし充分に濡れていても、ただ濡れやすい体質なだけかも知れませんし、身体を守る防御反応の可能性もあります。


気持ちよさそうなあえぎ声を出しても、感じているわけではなく、『痛さ』から声が出ている場合だってあるのです。


オンナのアソコは大変敏感です。穏やかにゆっくりと触られる方が気持ちいいという女性も多いのです。

爪で膣壁を傷つけることもあります。

AVの受け売りはやめましょう。

責め方を間違えると女性を喜ばすことができないばかりか、下手な男として三下り半を突きつけられます。

焦らず、慌てず、女性の反応を確かめながらじらすように責めてください。

感じ方や感じる場所、方法は人によって違います。


セックステクニックは二人で高めていくものですね。




セックスの体位 48手 TOPに戻る