セックスの体位裏48手 裏十一.花あやめ

全てのページはこちらサイトマップ

セックスの体位裏48手 裏一.花あやめ

裏十一.花あやめ

花あやめは、仰向けに寝転んだ男性の顔で、四つん這いなってクンニリングスしてもらう体位です。


花菱ぜめをひっくり返したがような形で、顔面騎乗というものです。


花あやめの男性のメリット


男性は仰向きに寝ているのでとても楽な体位です。

大変舐めやすく、女性のあそこを堪能することができます。

  • 割れ目に沿って舌を這わせるのもよし
  • 舌先でクリトリスを弄び吸い付くもよし


じっくりと時間をかけて思う存分あそこを眺め、味わってください。

アナルを舐めるのは難しい体勢ですので、指でくるくると刺激してあげても良いですね。

花あやめの男性のデメリット


女性が高まってきて、自分で腰を動かしだすと良き苦しくなることもあります。

また、クンニしているだけでは物足りなくなってきても、ペニスはほったらかしという状態ですから、自分でしごくしかなくなります。

やはり男性にとってはシックスナインが一番良いですね⇒セックスの体位48手 四十六.二ツ巴

花あやめの女性のメリット


花あやめの最も良い理由は、岩淸水とは違って、感じている表情を気にせずに快感だけに集中できることです。

そして、自由に腰を動かすことができます。男性により気持ちよくしてもらうためにあそこの向きを調整してください。

男性の鼻にクリトリスをこすりつけるのも気持ち良いですね。

花あやめの女性のデメリット


『花あやめのようなこんな体勢をとりたがるなんて、淫乱だと思われたらどうしよう・・・。』と感じるかも知れません。

でも、そんなこと気にせず、思い切って四つん這いのまま、パートナーの顔の上にまたがりましょう。

動物的な感覚で、クンニを楽しめる体位ですね。




セックスの体位 48手 TOPに戻る