生理中にフェラチオで抜いて欲しい男の本音

血液が苦手で彼女が生理のたびにフェラで抜いてってお願いしてくる彼氏

ごく一般的に考えて、生理中はセックスしないカップル。

とはいえ、生理中のセックスで赤く染まったペニスを見るのが、好きな男女がいるのも事実。

そんな中、『血液』がどうしても苦手な男は、射精したい気持ちを抑えられずに、フェラチオで抜いて欲しいと考えています。

『生理』に対し、苦手意識を持っている男の心理、彼女が生理時にはフェラチオで抜いてほしいという男の本音を解説したいと思います。

生理中フェラチオで抜いてほしい男性ってどんな心理

どうしても射精したい

どうも。哲也です。

セックスできない生理中、「フェラチオしてほしい」という彼氏は、当然ですが『どうしても射精したい』という心理が元になっています。

男にとって性への執着は女性が考えてるよりもずっと強烈。

一度射精をしたいという思いに駆られれば、あの手この手を使ってでも必ずその想いを成就させようとします。

相手がいなければ風俗に行こうと考えるでしょうし、その資金がなければオナニーという代償行為で想いを遂げるでしょう。

男の射精の本質は、より多くのメスと関係を持ち子孫を増やす本能がある【動物のオス】と同じなんです。

もちろん女性にも性欲はあるでしょうが、男が射精し精子を植え付けなければ、子どもはできませんよね。

それに、性欲や性衝動を亢進させるテストステロンは、男のほうがより多く分泌されるため、女性よりも性欲が強くなりやすい傾向があります。

平気で、本命でない女性にも甘い言葉を囁く男もいます。

生理中にフェラを要求する基本的な理由は【射精したいから】【自分の欲求を満たすため】なんです。

男である私から言わせてもらえば、本命でも遊びでも同じ態度ができますので、注意が必要です。

もちろん、『本命だからこそフェラしてほしい』という気持ちと持つ男だっています。

ただ単に生理でセックスができないから

生理のとき、セックスするなんてあり得ない…と考える人は、男女かかわらず多いのではないでしょうか。

そんな男性が、パートナーに「フェラして」とお願いするのは、いたって普通の考えですよね。

女性でも悩み事があれば、少しでも解決するために一番に彼氏に悩みを聞いてもらいアドバイスをもらいたいと思いますよね。

それと同じで、男も射精するため『彼女に解決の糸口』を求めるんですね。『自分の彼女だから』です。

生理でセックスできないから『彼女にフェラチオを要求する』いたって普通だと感じませんか?

そこには、男の勝手な考えも潜んでいます。

《自分のモノ》だから《自分のために》フェラしてと言う

男と女のつきあいには、生殖行為ありき。

恋人同士になると、セックスするのはごく当たり前ですよね。

ある要件を満たす場合を除き、セックスなしの付き合いはあり得ません。

  • 自分の彼女だから
  • 嫁だから

彼女に対して《自分のモノ》という感覚を持っており、いつでも自分の欲求を満たしてくれる存在であると認識しています。

まるで、それが彼女がいるという大きな特権であると言わんばかりにです。

自らは浮気を繰り返すくせに、もし彼女が他の男に身体を許そうものなら自分の事は棚に上げて、烈火のごとく怒りを露にするのは、《自分のモノ》という感覚がベースにあるからなんです。

  • 射精したい欲求が高まってるのに彼女は生理中でセックスはできない
  • それならばフェラチオで抜いてもらいたい
  • 嫁だからしてもらうのは当たり前、彼女だから当然してくれるはず

驚くほど安易で単純ですが、これが男が生理中にフェラチオで抜いて欲しいという本音のメカニズムです。

ただの身勝手な独占欲とも言えますね。

では、生理中でもセックスができるという女性にとっては、何でフェラだけ?という疑問がわきますよね?

それは、男の【血が苦手】という事が関係しているのかもしれません。

生理の出血が苦手な理由

ただ単に血が気持ち悪い

男女問わず、血を見るのが苦手という人は少なくはないでしょう。

ちょっとした擦り傷などの怪我では、そこまで拒否反応はないかと思いますが、生理の時の流血を好む男はいないでしょう。

私も過去彼女との生理中セックスした経験がありますが、2日目だったのかものすごい出血量。

鮮明というよりはドス黒い血で、レバーのような塊がペニスについているわで、あまり気持ちのいいものではありませんでした。

血を流すシーンの多いホラー映画は、ゾンビ系、・オカルトサイコ系、スプラッター系などさまざまな分類がありますが、あまりにもグロいものは見たくない方もいますよね。

そういえば、井上尚哉選手ファンだけど、血が苦手だからと、試合を最後までは観れない友人女性がいます。

女性の方が血液に、免疫があるにもかかわらず、血が怖い場合もあるんですね。男ならもっとと言えるかもしれません。

女性の生理を、『出血の恐怖』のように気持ち悪いと捉えてる男は、フェラチオを要求するという結果になります。

中には、生理をはじめ、血液が好きな男もいますが、かなりマニアックな性癖ですね。

血液恐怖症

血が怖いと思っている中『限局性恐怖症』の男もいます。

限局性恐怖症の中の1つ『血液恐怖症』は、血に対し強い恐怖感を感じ、不安やパニック障害という、ひどい精神状況に陥ることもまれにあるんですね。

注射(注射恐怖症),針などの尖った物(先端恐怖症),または外傷に(外傷恐怖症)に対する恐怖は,人口の5%以上に,ある程度の強さで発生する。

血液,針,または外傷に対する恐怖症を有する人々は,他の恐怖症または不安症を有する人々と異なり,実際に失神することがある

 

日常的には、テレビで手術のシーンや暴力シーンで流血してるのが流れると気分が悪くなり、チャンネルを変えたくなる人も少なくないのではないでしょうか。

女性にとっては見慣れている生理でも、一部の男にとっては恐怖でしかあり得ないんです。

恐怖を感じるのにセックスはできませんよね。でも射精はしたい…となれば『フェラチオ』と考えてもおかしくはないでしょう。

中には、手コキで十分という男性もいます。

生理が痛そうだから

生理痛について理解ある男は、以下のように考えています。

ただ、理解があっても、女性に完璧に優しくできる男は数少ないもの。

付き合いが長くなればなるほど、我が生まれますよね。

生理痛が痛いとわかっていても、『セックスするわけじゃなし、5分10分我慢しろよ』なんて思っている男がいるのも事実。

中には「血が出ているため、あそこが痛いのではないか?」と考え、生理の時のセックスはしたくなくなってしまう男もいます。

実際にあった血液(生理)の拒否体験談

今回『生理の出血とセックス』について、話をしてくれた男性の例を2つご紹介します。

生理を見るたびに嫌になった男

Aさんの彼女は、生理がくる少し前から性欲が高まると言っており、生理中でも平気でセックスしたがったのだそう。

Aさんは、彼女の生理中でもそういう雰囲気になると、行為を行っていたそうです。

少し血が苦手だったので、なるべく血を見ないようにするために明かりは暗くしてのセックスです。

ですが行為後、ぺニスについた血や敷いてあったタオルに染み付いた血を見て少し気分が悪くなることがあったそうです。

何度も繰り返し生理の出血を見るたびに、恐怖感が増し、セックスできなくなってしまったのだとか。

時々は、彼女が生理の時にはフェラチオをお願いするようですが、生理でもセックスしたい彼女は不服そうで、喧嘩へ発展する時もあるようです。

でも、どうしても血液が苦手。その想いは振り払えません。

妻の出産でセックスレス

Bさんは血が苦手ではありましたが、彼女が妊娠し、出産の立ち会いをしたそうです。

後に結婚した彼女が出産した時、出血に対し拒絶感が襲ってきたそうです。

出産時の出血の光景を見たときから、脳裏に血液が蘇えり、それ以来、彼女の事は愛してるのにどうしても女性として見れなくなってしまったのだとか。

生理の時だけではありません。いわば、『妻の』膣への拒絶です。

その後、妻とは完全なセックスレス。

産後はもちろん、妻だけEDはよく聞く話。

ただ、他の女とはセックスできます。

妻が血を流している瞬間を見たため、妻に対してだけ、心理的抵抗を感じるようになってしまったんですね。

Bさんは、妻にフェラチオを要求することもありませんでしたが、妻を女として見られないからこその感情ですね。

生理中のフェラチオのメリット

生理中のフェラチオは、メリットもデメリットもあります。

まずは、生理中のフェラチオに対するメリットから説明してまいります。

あなたへの愛情が深まる

男にとって女性に奉仕してもらえるフェラチオは最高の喜びであり、生理中にも関わらず健気に自分のモノを咥えてくれるあなたに深い愛情を感じるでしょう。

ただし、そんな態度には見えないかもしれません。

前章で述べたように、男は射精したいという欲望が強烈なので、してもらってる最中は気持ちいい射精に頭を支配されてしまいます。

でも、いざその想いを遂げてしまうと、一気に冷静になります。

これは男特有の、通称で『賢者タイム』と言われるほぼ無心になる時間です。

セックス中あんなに激しくあなたを求めてきたのに射精を終えた瞬間、急に冷たくなり、すぐタバコを吸ったり寝てしまったり。

この人はセックスだけが目的で愛情がないんじゃないかと、疑った経験はありませんか?

しかし、賢者タイムを終えた男は、欲望を果たさせてくれた彼女をとても愛しく感じるでしょう。

  • 生理中で気分が良くないかも知れないのにと労わる気持ちを持つ
  • 自分は気持ち良くなれないのに奉仕してくれたことに感謝する

「つらい生理中なのにフェラチオしてくれた。」と申し訳ない気持ちにもなり、より一層あなたへの愛情は深まるかもしれません。

浮気や風俗に行くリスクが低くなる

何度も繰り返しますが、男の射精したいという欲望は強烈です。

もし、欲望がピークにきている時、フェラチオをお願いしても「生理だし辛いから嫌!」と言う彼女。 

その想いが遂げれずそれを満たせる場面があれば、フラッと流されてしまう可能性は大いにあります。

この場合、あなたが大事ではないのではなく、射精したいという強い気持ちに支配されてしまってるのです。

ですから、浮気をしてしまった後で、我に帰り、とんでもない事をしてしまった、どうしようとなるパターンですね。

「男はつくづくバカな生き物だ」と同性である私でも思いますが、男の悲しい性なのです。

テレビで美味しそうなスイーツの映像を目にし、強烈に食べたいなという想いに駆られた時、買い物に出たついでにケーキ屋さんにふらり…という場面もあるでしょう。

食べた後、ダイエット中だったのにと思っても後の祭。

浮気とケーキを一緒にするなと怒られてしまうかも知れませんが、そんなイメージです。

彼女の生理中でも、フェラによる射精、つまり欲望が満たされていれば当然浮気のリスクは低くなると言えます。

性欲が満足でない状況で、いい女を見れば、つい浮気してしまう可能性も高まります。

生理中のフェラチオのデメリット

当たり前と思われる

生理中なのに、いつも彼の言われるままフェラチオへの要求に応えていると、男の支配欲を増長させてしまい、この子は自分の為なら何でもしてくれると調子に乗らせてしまう危険性があります。

フェラしてもらうのを当たり前と思われるかも知れません。

単純でお調子者の彼ならば、よりその危険性は高くなるでしょう。

そんな事思われたら、生理中気分の悪いときなどたまったもんじゃないですよね。

どんな時でも、フェラチオに応じるというのは避けたほうがいいかも知れませんね。

セックスをしなくなる

男にとって、女性が愛情を込めてしてくれるフェラチオは至福の時と言えます。

唇と舌の両方で刺激を受け舐め上げたり先をペロペロされたり、最高の快感。

実際、挿入することより、フェラチオされるほうが気持ちいい・オナニーの方がいいという男も多く存在します。

生理が終わっても、フェラチオばかり求めてくるという危険性があります。

セックスレスになる

その逆に、生理中のフェラチオ要請に対し、常に応じなければどうなるかわかりますか?

男だけと言わず、女性にもある感覚です。

毎回断られっぱなしになると、人には諦めの感情が生じます。

何回も誘っているのに、いつも断ってくるとなれば、もう誘う気がなくなってしまいますよね。

生理だからセックスできない、だからこそフェラチオで抜いてとお願いしているのに、いつも断られる、そしてまた今月も…。

「もういいや」となるのは当然ですね。

多くのカップル・夫婦に生じている、セックスレスの訪れです。

全て自分の都合のいいようにはいかないですよね。たとえ、生理中いつも気分が悪いとしても、多少男の願いに耳を傾けなければ、パートナーは離れてしまうでしょう。

繰り返しますが、ごく通常の場合、セックスなしの男女関係は成り立ちません。

生理中にフェラチオを要求された時の対処法

実際に生理中にフェラチオを要求されて、気がのらなかったり、調子が悪く拒否したい場合は、言葉できちんと伝えましょう。

決して、「当たり前にいや!」と言うのではなく『望んでいることができなくてごめん』という気持ちを込めるんですね。

  • ごめんね。実はこんな風につらいの。
  • 今日はあまりしたくないかな。我慢してほしい。

その時は空気が重くなるかもしれませんし、拗ねるかもしれません。

でも男は子どもだと考え、優しくなだめるように接してあげてほしいと思います。

実は、男は女性が考えてるより遥かに、生理に対し知識のないのが現実です。

せいぜいが、血が出る、気分がイライラする程度でしょう。

たとえば、PMS という言葉すら聞いた事もなければ、どのくらいの期間出血するか、痛みが生理の前後いつ来るのかも知りません。

ひどいケースになると、経血の量をコントロールできるとまで思ってる男もいるのだとか…。

昔から生理の事を男に話すのはタブー視され、話すのは恥ずかしいという風潮がありますよね。

小学校で習う時も男女で分けられ、男はほとんど生理について学びません。

家の中で生理用品が男の目に触れないように徹底的に隠す母親もいます。

イクメンとか主夫という言葉もなく、積極的に男が家事や育児に参加するようになってきていますが、男はもっと生理の事を知るべきですね。

そのために、お互いに知らない部分は伝えていくべきだと思います。

生理の事を話すのは確かに恥ずかしかったり、勇気のいることかも知れません。

でも、無知だった男が知識を得たことで理解を示すようになったケースはたくさんあります。

どうせ話しても理解してくれないと決めつけず、心から大切なあなたに分かって欲しいという想いで伝えてみましょう。

生理中のフェラチオは言われる前に対処を!

ただ、知識を得たとしても、生理時の辛さを体感できるわけではありませんので、私含め男に本当のことはわかりません。

たとえ生理中でも、そんなに気分が悪くないし奉仕してあげてもいいかと思える時は、今日は『フェラチオ射精の日!』と決め、気持ちを込め目一杯フェラしてあげて下さい。

物として扱われたくない・まるで風俗嬢みたいなんて考えるより前に、自分の彼氏が大切かどうかですね。

お互いに譲歩しあって成長していく…そんな関係が、2人の仲を深めるでしょう。

by 哲也

男は知らない!実は不満を感じている女性!ポルチオで究極の快感を与え離れられなくする方法 AV女優直伝のポルチオでイカせる方法〜衝撃映像はこちら〜
早漏防止!活力ある男性に強力サポート! 1日中好きなだけ勃起する!?
もっと濡れるための女性用サプリ ラブグラ(女性用バイアグラ)
ペニスのサイズアップ可能? プロソルーションジェル
女性用男性用何でも揃ってます。 お買い得アダルトグッズ通販はこちら